プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

MCM Fashion Group Japan K.K.: Pushing termination of employment without any legitimate reason. We will not accept the illegitimate dismissal under the pretext of COVID-19.

MCM Fashion Group Japan K.K.: Pushing termination of employment without any legitimate reason. We will not accept the illegitimate dismissal under the pretext of COVID-19.

Ms. A was working at MCM Fashion Group Japan K.K. (Junbom Lee, Representative Director) . This company is well known as one of the luxury brands located in Ginza where many other famous fashion and luxury brands’ stores are.

Ms. A was introduced by the then MCM President and joined MCM as the Executive Assistant as well as supporting the E-commerce team which had just launched the online store on their website. She had been managing ecommerce customer service mainly (by herself) and had been requested to transfer to the E-commerce team; she officially became a member of the E-commerce team since March, 2020.

Due to COVID-19, MCM had to close the retail stores temporarily and recommended office employees to work from home. At the beginning, Ms. A was working from home without any problems. Right after the then President left MCM, the situation changed suddenly. Ms. A was informed by MCM suddenly that MCM had decided to end her employment despite her permanent employee status at the end of April 2020 because of the slumping business caused by COVID-19. There was a rumor that MCM’s Vice President was hostile to the then President. Right after the then the President left MCM, the Vice President who started to have real power made a decision on restructuring the team based on pure personal preferences of employees rather than performance and capability. Ms. A’s dismissal is so-called wrongful (illegitimate) dismissal under the pretext of COVID-19 which meant getting rid of the employee who the Vice President personally disliked.

Ms. A joined the labour union named “Precariat Union”,which anyone can join, and submitted a request to MCM with the support of the labour union to withdraw her dismissal. MCM presented a proposed date of company response around the middle of May “due to COVID-19.” We Precariat Union were deeply concerned that MCM will push through the dismissal if we could not arrange the negotiation within April. We requested to defer the dismissal to after the negotiation, however MCM pushed it through saying “we will not withdraw this dismissal anyways” and did not explain a clear reason why Ms. A was dismissed. MCM deprived Ms. A of her work and life without showing a legitimate reason even though Precariat Union had already addressed the company.

Although MCM insisted that “Ms. A’s tasks are not necessary any more,” the company requested Ms. A to transfer all her tasks to a successor who just joined in April 2020. MCM’s action was very inconsistent with their words. Until this day, we still have not received an answer from MCM about compensation nor the possibility of reshuffling the workforce in the company. We must not resolve to dismiss the employee for the purpose of getting rid of “an obstacle” by using COVID-19 as an excuse for someone high up in the company to maintain power.

<Any feedback / Complaint >
MCM Fashion Group Japan K.K. (Junbom Lee, Representative Director)
Jujiya Building, 3-5-4 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 104-0061
Phone: 81-3-5159-3883 Fax: 80-3-5159-3884


<Need counseling services on labour matters?>
Labour union which anyone can join
Precariat Union
MY Mita Building 1F, 5-29-17 Shiba, Minato-ku, Tokyo 108-0014
Phone: 81-3-6276-1024   Fax: 80-3-4335-0971
URL: https://www.precariat-union.or.jp/
Blog; https://precariatunion.hateblo.jp/
email: info@precariat-union.or.jp


Message from Ms. A (about her feelings)

I did see that company’s sales were decreasing because all retail stores were forced to closed temporarily due to the declaration of a state of emergency by the government because of COVID-19. But I could not believe that I would be fired merely 2 weeks later and I was informed by the company so suddenly.
 
If this is the dismissal for the purposes of company reorganization, I would like MCM to explain the details of that, because I believe my role was essential in the E-commerce team, as it was the only business until that is still doing well under COVID-19. I told MCM that I cannot agree with the dismissal unless I understand the rationale, MCM still pushed it through unilaterally without my agreement, without any clear reason, or explanation and simply said “This has been decided by head quarter. We don’t care whether you agree or not because company has already decided.”

I honestly cannot believe their statement because MCM has just hired a new employee who is going to cover all my tasks. Therefore, there is no way that my tasks are so-called “not necessary anymore.” Under COVID-19, the E-commerce team is the only team that is still doing good business and in fact would need more support. I strongly feel that the reason why I was let go was purely based on the personal preference of “like or dislike” by the decision maker of the company, without any legitimate evaluation based on performance, capability and contribution to the company.

I had been working at MCM for a year and half in such a high-turnover-rate environment (employees who have been with the company for less one year are than those who have left). During this period, I really did my best to contribute to our customers, partners and the company. But I am very disappointed with this ending because this makes me feel that I was not appreciated at all given how MCM was pushing through this illegitimate dismissal.

This kind of illegitimate employee termination issue cannot simply be excused with “it happens in foreign‐affiliated companies” In Labor Contract Act, Article 16 states “if a dismissal lacks objectively reasonable grounds and is not considered to be appropriate in general societal terms, it is treated as an abuse of rights and is invalid.” I would like MCM to understand this in the context of labour law and respond to this issue not in a smug manner but in good faith and objectively.

If there is someone who is falling into this kind of situation like me, I would like to send a message through my personal experience that there is a meaning to engage in taking action toward finding solutions - no need to swallow it.

f:id:kumonoami:20200519114628j:plain

f:id:kumonoami:20200519132759j:plain

f:id:kumonoami:20200513112408j:plain

f:id:kumonoami:20200513114929j:plain

youtu.be

炭鉱労働者と家族の熾烈な闘い。『アメリカン・ジャスティス』(2002年/トニー・ビル監督)

アメリカン・ジャスティス』(2000年/トニー・ビル監督)

 炭鉱夫たちが、労働組合の旗の下安全衛生の確保と労働条件の向上を掲げ、人を人として扱わない使用者の搾取に立ち向かう。「アメリカンジャスティス」は2000年アメリカ製作の映画です。監督トニー・ビル、主演ハリー・ホンターによる本作では、生存を掛けた炭鉱夫労働組合の闘いに、その妻たちがともに立ち上がります。労働問題は、労働者・使用者だけの問題でなく、生活や家族それぞれの人生そのものに直結しているということを強く感じさせてくれる作品です。

炭鉱町で起こった死亡事故
 ある日、主人公ルビーの夫、サイラスが勤める炭鉱で死亡事故が起こります。幸い家族は難を逃れましたが、企業が利益を優先し、安全を軽んじたことが事故の原因であるとわかります。サイラスは優秀な炭鉱夫です。会社側の人間は事故の直後であるにも関わらず、翌日からすぐに仕事に戻るように伝えにきます。このような会社の態度に、またいつ同じような事故が起こってもおかしくないと、炭鉱夫たちは強い不安と危機感を覚え立ち上がることを決意します。

ストライキと弾圧
 都市部から組合本部のオルガナイザーが派遣され、炭鉱夫は労働組合としてストライキを決行します。はじめのうちこそ、鉱山を封鎖し稼働を止めることに成功しますが、会社は暴力や警察などあらゆる手を使いストライキを徹底的に弾圧します。夫たちの闘いを見るうちに、組合を信じられないでいたルビーでしたが、これが「自分たち」の闘いであると気づき、ともに闘うことを決意します。

不当逮捕とメディア戦略
 弾圧は日ごとに熾烈を極め、ついには炭鉱夫たちの妻まで警察に逮捕されてしまいます。これに対し組合は、子どもと一緒に留置所に入れられるルビーたちの写真を使い、全国に支援を求めます。さらには株主総会に直接押しかけ、炭鉱町の過酷な暮らしと、劣悪な炭鉱夫の労働条件を株主に訴えるなど、様々な戦略で会社を少しずつ押し込んでいきます。

 その後もストは続き、ついには会社が労働協約の締結を認めるところで物語は終わります。裁判など1つの方法だけでなく、常に多面的に継続的な闘いをすることで、組合は大きな勝利を収めたのです。

稲葉一良(書記次長)

tsutaya.tsite.jp

真の敵はウイルスではなく差別と貧困。『UNITED IN ANGER ACT UPの歴史』(2012年/ジム・ハバード監督)

『UNITED IN ANGER ACT UPの歴史』(2012年/ジム・ハバード監督)

 現在、新型コロナウイルスの猛威は、世界中を巻き込み、日本にも深刻な影響を及ぼしています。ウイルスとの闘いは激しさを増していますが、真っ先に深刻な影響を受けるのは低賃金で働く労働者です。休業時の賃金保障を十分にしない、不当な解雇を受ける等、ウイルスの猛威以上に、社会的構造によって労働者の生活が破壊されていきます。「UNITED IN ANGER ~ACT UPの歴史~」は2012年アメリカ製作の、ジム・ハバード監督によるドキュメンタリー映画です。エイズウイルスから仲間たちを守るために闘った「ACT UP」の軌跡を描きます。

「死の病」と差別・偏見
 今日、エイズ治療は画期的な進化を遂げています。しかし、このウイルスが発見された当初は、罹患すればまず助からないような「死の病」でした。感染者はいわれのない差別を受け、そして、差別・偏見から様々なデマが飛び交いました。今回のコロナ騒動でも、差別的な流言や感染者への不当な差別・非難が多く見られます。

貧困による死
 程なく、貧困が生き死にを分ける現象が起こってきます。所得の低い者は、感染が発覚しても十分な医療を受けることができず、場合によっては病院のベッドで寝ることもできず、廊下で治療を待ちながら命を落としました。先進国でも、貧困で人が死んだのです。

真の敵は「ウイルス」ではない
 政府が適正な対応を怠った事が、この事態を引き起こした大きな要因です。研究の結果、治療薬ができる、治験が行われるということになっても、治療を受けられる者を峻別したり、企業が利益のために不当に高い値段を付けている状況を容認したりと「政治によって」多くの、低所得であったり差別を受けている患者の命が奪われました。今日のコロナと闘いを見ても、真の敵はウイルスではなく社会的な差別と貧困の構造だということがはっきりと見て取れます。

 ACT UPは、団結し、強い怒りを抱き闘いました。運動は、激しく弾圧を受けながら、やがて国家そのものを動かすに至ります。その結果、エイズはもはや「死の病」ではなくなったのです。団結には世界を動かす力があるのです。

稲葉一良(書記次長)

movie.jorudan.co.jp

 

株式会社東武支部(本社は宮城県仙台市)結成!悪質なセクシュアルハラスメントの被害者が立ち上がった

 株式会社東武は、清掃業務・設備管理業務・環境衛生業務・警備業務・人材派遣業務・給食業務・放射性物質除染作業などを行う会社です。本社は宮城県仙台市にあり、東京を初め各地に支社を持つ会社です。
 プレカリアートユニオンに、株式会社東武で働いていた労働者を中心とした「株式会社東武支部」が結成され、3月30日、株式会社東武東京支店に対して支部結成通告及び団体交渉申入を行いました。
 
 当該組合員のAさんは、正社員の求人に応募して東武に入社しました。面接や採用時に詳細な労働条件を明示されず、労働契約書もないままに勤務が始まりました。
 休憩がほとんど取れないことや、残業代の不払いなどに悩みつつも職場の仲間と協力し、東武の仕事を続けてきました。
 その後、管理者候補が新しく着任します。管理者候補は「セフレと名前が似ている」などとしつこく食事に誘い、それをAさんが断ると、暴力を振るおうとする、大声で威圧する等の悪質なセクシュアルハラスメントを行いました。上司に相談しても、何の対策もしないばかりか管理者候補のハラスメントは悪化する一方でした。
 そういった状況の中、Aさんは、仕事に行くことが怖くなってしまったと言います。出勤しようと思うと震えが出るなどの症状で就労が困難になり、離職を余儀なくされました。
 離職後、Aさんは正社員の求人に応募したにも関わらず、契約社員として有期契約で働いていたと言うことが明らかになります。

 初回の申入に対し、会社は回答期限を大幅に過ぎても一切の回答をしてきませんでした。そこで、株式会社東武東京支社に「団体交渉申入書(再)」を直接持参し、その場で強く抗議すると、ようやく会社は当労組と誠実に協議を行うことを約束しました。
 現在、新型コロナウイルスの影響で対面での団体交渉を行うことが困難であるという会社側からの申し出に対し、書面での意見交換を進めながら、早期の開催に向けた調整を行っています。
 求人詐欺に賃金のごまかしなど、法律を無視したずさんな労務管理社会保険逃れ、外国人労働者差別の問題、会社が抱える労働問題は数知れません。株式会社東武支部の闘いは、まだ始まったばかりです。

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒108-0014 東京都港区芝5-29-17 MY三田ビル1F
TEL03-6276-1024 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

f:id:kumonoami:20200523202953j:plain

youtu.be

銀座に本店を構えるラグジュアリーブランドの「MCM」でコロナに便乗した不当解雇

銀座に本店を構えるラグジュアリーブランドの「MCM」でコロナに便乗した不当解雇

ラグジュアリーブランド「MCM」で働き始めたAさん
 Aさんは、従業員約30名の革製品ブランドであるMCM Fashion Group Japan株式会社(代表取締役 李俊範)で働いていました。会社は、他の世界的に有名なファッションブランドも軒を連ねる銀座の一等地に建つ、所謂ラグジュアリーブランドです。巷では「歌舞伎町のランドセル」と呼ばれるほどの高い知名度を誇ります。
 Aさんは、当時会社のプレジデント(社長)を務めていたN氏より誘いを受けて入社エグゼクティブアシスタント(社長秘書)として働く傍ら、当時開設されたばかりのオンラインストアの業務もサポートしており、主にカスタマーサービスは一人で対応してきました。部署異動を申し出て、2020年3月よりEコマース部に異動しています。

「コロナ解雇」の影には社内の派閥争いが
 新型コロナウイルスの影響により、会社は店舗の休業やテレワークの積極的導入などを進めてきました。当初、Aさんも在宅で何の問題なく仕事をこなしていました。4月に入りプレジデントのN氏が会社を去るや否や、事態は急変します。Aさんは「新型コロナウイルスの影響による経営不振」を理由に突然4月末での解雇を言い渡されたのです。N氏の退陣の影では、ヴァイスプレジデント(副社長)との権力争いが噂されていました。N氏が去った後、会社の実権を握ったヴァイスプレジデント派により次々とリストラが行われていたのです。Aさんの解雇は、コロナに託けて気に入らない社員を放逐する「コロナ便乗解雇」とも呼べるものでした。
 
プレカリアートユニオンに加入
 Aさんは、誰でも一人から入れる労働組合プレカリアートユニオンに加入し、会社に対し解雇撤回を求め団体交渉を申し入れました。会社は新型コロナウイルスの影響などを理由とし、5月中準の候補日を提示しました。4月中に交渉が行われなければ、解雇が強行されてしまうことを危惧し、4月中の開催が難しいなら交渉開始まで解雇を留保するように申し入れますが、会社は「どちらにせよ解雇を撤回する意思はない」と十分な説明をしないまま解雇を強行。労働組合の申入に対し、根拠を十分に示さず一方的にAさんの仕事と生活を奪ったのです。

不合理・不誠実な対応を繰り返すMCM
 会社は「Aさんの仕事はもう必要なくなった」と主張しながらも、Aさんに対し後任者への引き継ぎを求めるなど、一貫性のない行動を繰り返しています。解雇をしなければならない数的根拠や配置転換の余地など、必要な回答が十分に得られないまま、初回の団体交渉は先方の強い希望でリモートでのWeb会議方式で行われることになりました。再三の要請にも関わらず、解雇を猶予せず強行した会社に対し、初回の団体交渉を待たずして、抗議行動が始まります。

「無料プラン」の範囲内で行われた不誠実団交
 団交当日、開催にあたって十分すぎる期間を設けたにも関わらず、会社は明らかに準備不足と言わざるを得ない状況で臨みました。Web会議での実施を提案した会社代理人自体がアプリケーションの使い方がわからず、限られた時間が無駄になった事に加え、信じられないことに、この団体交渉は「無料プラン」の範囲内で行われたのです。3人以上の会議を実施する場合、無料プランでは40分の上限が設定されていたため、2時間の団体交渉はその都度、プランの縛りで中断を余儀なくされました。果ては代理人が「皆さんで1台のスマートフォンの前に集まって下さい」とまで発言し、何のためのリモート団交なのかといった本末転倒な状況でした。結局、会社は団体交渉の席でも、解雇の具体的な理由を示すことはありませんでした。

 社内の権力争いにコロナを利用して邪魔者を追い出しひたすらに開き直る、卑劣な「コロナ便乗解雇」は決して許されることではありません。

【ご意見・抗議先】
MCM Fashion Group Japan株式会社 代表取締役 李俊範
〒104-0061東京都中央区銀座3-5-4十字屋ビル
TEL03-5159-3883 FAX03-5159-3884

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒108-0014 東京都港区芝5-29-17 MY三田ビル1F
TEL03-6276-1024 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

f:id:kumonoami:20200519114628j:plain

f:id:kumonoami:20200519132759j:plain


f:id:kumonoami:20200513112408j:plain

f:id:kumonoami:20200513114929j:plain

 

労働者は無関心なのではない!組織化のための体系的指南書。『職場を変える秘密のレシピ47』(アレクサンドラ・ブラッドベリー、マーク・ブレナー、ジェーン・スロータ著/菅俊治、山崎精一監訳/日本労働弁護団)

『職場を変える秘密のレシピ47』(アレクサンドラ・ブラッドベリー、マーク・ブレナー、ジェーン・スロータ著/菅俊治、山崎精一監訳/日本労働弁護団

roudou-bengodan.org

 「職場を変える秘密のレシピ47」はアメリカ労働運動の活動家が集う「レイバー・ノーツ」による、労働組合の組織化について記した1冊です。労働組合運動によって職場を変えるための方法を47のトピックでわかりやすく説明しています。アメリカの労働運動についてを記した本書ですが、元日本労働弁護団事務局長の管俊治弁護士と、明治大学労働教育メデイア研究センターの山崎精一氏による翻訳で、より一層日本の労働運動にも生かせる内容となっています。

「無関心」という誤解
 組織化について話をすると、多くの人が職場は「無関心」で身動きが取れなくなっていると愚痴をこぼします。この無関心というのは大きな誤りで、少なくとも給料や待遇など、誰もが仕事について大なり小なり何かを考えています。しかし、実際にはモノを言うことを恐れ、自らを非力だと感じているに過ぎません。組織化を行うことで労働者は職場を変える力を持つことができるようになるのです。

「トラブルメーカー」が職場を変える
 組織化とは、その人自身や同僚が不公平だったり不当な扱いを受けているなど、職場の問題を「何かをしたい」と思っている状態のことを指します。上司にとってそれはトラブルに他なりません。最も優れたオルガナイザーは、「トラブルメーカー」と呼ばれ忌み嫌われてきました。「トラブルメーカー」こそが職場を正しい方向に変える力を持っているのです。

組織化に向けた対話
 組織化は一朝一夕でできることではありません。丁寧な対話を通して労働者の気持ちを1つにまとめていかなければなりません。労働者の多くは無力を感じ、問題に対する諦めを抱いている者も少なくはありません。相手に寄り添い、どんな不満や問題があるのかしっかりと傾聴し、相手に対して敬意を払うことで、少しずつ個々の問題をみんなの問題へと落とし込んでいく必要があります。問題を共有し、組織化が行われることで、1人では非力でも、会社に対抗しうる強い力を持つことができるのです。

 本書は、組織化後の実践的な組合活動についても詳細に解説しています。職場に疑問を感じたらまず手に取ってもらいたい1冊です。

稲葉一良(書記次長)

※本書のまとめ買いの注文はこちらから→http://roudou-bengodan.org/secrets/

「学び続け成長し続ける」組織になるために。『チームが機能するとはどういうことか』(エイミー・C・エドモンドソン/英治出版)

『チームが機能するとはどういうことか』(エイミー・C・エドモンドソン/英治出版

www.eijipress.co.jp

 心理的安全性という言葉を、皆さんは聞いたことがありますか。「チームが機能するとはどういうことか」は、エイミー・C・エドモンドソンによる、「学び続け成長し続ける」チームを作るための組織のあり方を記した一冊です。

変わるチームのあり方
 これまでの「チーム」という概念は、「スポーツチームや音楽家のグループのように、物理的に同じ場所にいて、信頼を築く時間がある、固定された集団」であったと著者は言います。時代は移り変わり、現代では、オンラインで遠くの人々が一つのプロジェクトの下、集結するような形であったり、ある目標に向けて、適材適所のチームが作られ、その目標の達成と共にまた散り散りになっていくような形に変化してきています。

求められる「チーミング
 現代のチームでは特に「チーミング」が重要です。チーミングとは、絶え間なくチームワークを実践し続けることです。特に後者のチームの場合、従来のチームと違い、場所の固定がなく、信頼を築く時間も不十分であることが多く、メンバーも往々にして流動的です。このような特徴がチーム作りの障害となっています。チーム(名詞)というものがあるという考え方から、チーミング(動詞)する組織へのシフトが大切になってくるのです。

ポイントは「心理的安全性」
 チーミングを行うとき、最も大切なものの1つとして、著者は「心理的安全性」を挙げています。心理的安全性とは、チーム内で誰にどのような指摘をしても、どのような事を提案しても拒絶されることがなく、罰せられる心配がないような状態のことを言います。

 この考え方は、一見すると馴れ合いによる日本的人間関係と似て映ることもありますが、実際は真逆といってもいい考え方です。特定の目的のために、職種や職位、立場の別なく自由な発想を口にすることができ、それらが正当に公平に扱われる事が保証された組織のみが「学び続け成長し続ける」のです。

 「組織化」と「チーミング」には多くの共通点があります。私たちプレカリアートユニオンも、常にチームワークを発揮し続ける集団を目指し、日々、組織化を行っていきたいと思います。

稲葉一良(書記次長)