プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

分断を乗り越え、社会を動かすための良書。『社会はこうやって変える! コミュニティ・オーガナイジング入門』(マシュー・ボルトン/法律文化社)

分断を乗り越え、社会を動かすための良書

『社会はこうやって変える! コミュニティ・オーガナイジング入門』(マシュー・ボルトン法律文化社

www.hou-bun.com

 本書は、イギリスのコミュニティ・オーガナイザー、マシュー・ボルドンさんによるコミュニティ・オーガナイジング(CO)の入門書です。COとは市民の力で社会を変える手段のことです。政府の政策変更を促す様々なキャンペーンを組織し、成功に導いてきた著者がどのような考え方に基づき、社会を動かしてきたのかを解説しています。
■社会はパワーによって動く
 「この本は現状に怒りを覚え、それに対して何かをしたと考えている人、社会システムに不満を抱いている人、国の行く末に不満を覚えている人のためのものである」と、本書は始まります。著者はCOの本質として、「もし、変化を望むならばパワーが必要だ」と記しています。
 パワー(力)と聞くと、中にはあまりいいイメージを持たない方もいるかもしれませんが、社会を動かしているのは様々なパワーです。市民が連帯してパワーを生み出し、問題を決定する権限(パワー)を持った対象を動かしていくことで世の中は動くのだといいます。
■COは労働運動とともにある
 実際に日本の職場を見ると、経営者と比べて労働者のほうが圧倒的に多数なのに、経営者のパワーは労働者をはるかに凌駕しています。この原因は、それぞれの関心や、細かい価値観の違いなど、様々な理由から、共通の利益を持つはずの労働者が分断されてしまっていることにあると思います。
 マシューボルドンさんの提唱するCOの手法は、このような様々な分断を乗り越え、みんなのパワーを集めることで社会に大きなうねり(ムーブメント)を起こし、よりよいものへと変えていくための手段です。
 みなさんも、先ほどの職場の例を想像してみてください。社長が会社に入ってきたとき、従業員全員が心をひとつにして団結し「給料を上げろ」と要求する。要求が通らなければパワー(労働力)を使い、ストライキで社長に譲歩を求める。実はCOの手法は常に労働運動と共にあります。社会不安の増大する今だからこそ、みんなで読みたい良書です。
 稲葉一良(書記長)

労働相談は、誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

f:id:kumonoami:20210103123911j:plain

 

「普通の人」が社会を変えるための方法論。『コミュニティ・オーガナイジング ほしい未来をみんなで創る5つのステップ』(鎌田華乃子/英治出版)

「普通の人」が社会を変えるための方法論。『コミュニティ・オーガナイジング ほしい未来をみんなで創る5つのステップ』(鎌田華乃子/英治出版

honto.jp

 コミュニティ・オーガナイジングとは、人々の力で社会を変えていくための手段のことをいいます。本書はそんなコミュニティ・オーガナイジング(CO)の方法論を、誰にでもわかりやすくかみ砕いて解説しています。著者は特定非営利活動法人コミニティ・オーガナイジング・ジャパン理事/共同創設者の鎌田華乃子さんです。
■分かりやすく具体的、それでいて実践的なCOの解説
 本書は序章のほか1~9章の構成になっています。そのうち6章までは、小学生を主人公にした、学校の昼休みの自由を取り戻す「フリーダムレンジャー」の闘いが描かれています。この具体例(物語)を通して、何をどうしていけばいいか、運動にどのような困難がついて回るかなども含め、大人も子どもも理解しやすいようにCOを解説しています。
 分かりやすいというと、ともすれば内容が簡略化されていたりしがちですが、むしろ詳細にテクニックを伝え、きわめて実践的な内容となっています。6章までの解説の後、7~9章までは実際に社会で起こった事例をどの様にCOで解決したのかが紹介されています。
■社会を変えるための実践的方法論
 著者は「社会を変えるなんて自分には無理だ」、そんな風に考える「普通の人」にもCOを理解し、役立ててもらうことができるように本書を書いたと記しています。私たちは、世の中に不満があったり、理不尽や不平等があふれかえっていても「仕方がない」と考えてしまいなかなか行動を起こせません。しかし、諦めてしまっては、そんな「仕方のない」世の中はずっと変わることはありません。
 本書の序章につけられたタイトルは、「仕方がない」から「仕方がある」へ。COは仕方=やり方です。行動が起こせない大きな理由の1つは、やり方がわからないことにあります。私たちには世の中を変える力があります。この本は、それはどのようにすればできるのか、具体的にどうすればいいのかを記した、実用的な戦略書です。
 稲葉一良(書記長)

労働相談は、誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

 

f:id:kumonoami:20210103123858j:plain

 

【要友紀子さん寄稿】AV女優が働き方を自ら管理するための本。『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』(澁谷果歩著/CYZO)レビュー

AV女優が働き方を自ら管理するための本

『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』
(澁谷果歩著/CYZO)

cyzo-two.shop-pro.jp

 労働者の中に、勤務問題における被害者と被害者でない人という二種類の人間がいるわけではないように、AVの仕事においても、AV出演を強要された人と、そうではない自主的・主体的なAV女優と、単純に分けられるわけではない。
 あらゆる職業、労働において、関係性、文脈、条件等が不変ではない限り、犠牲者性や搾取性が強い時・弱い時があるだけで、労働している時は誰もが自分でない時間を強いられている。2016年に社会問題となったAV出演強要問題のように、甘言・虚偽説明・巧みな洗脳等によって、私たちは本来の労働の意味を奪われるなかで生き、日々大なり小なりの火傷を負っているが、大やけどは避けなければいけない。どうしたら労働で大やけどを負わないか、それが問題だ。
■被害者ではなく労働者として
 AV女優の労務自主管理のための本が出た。
 この本『AVについて女子が知っておくべきすべてのこと』の著者・澁谷果歩もAV出演強要問題の被害者のようなきっかけ(虚偽説明)でAV出演することになった元AV女優だ。しかし彼女は自分のことをいわゆる被害者というふうには捉えていない。
 澁谷はただ理路整然と、事実と経緯、背景分析、利害関係、力関係、業界の所作やビジネスリテラシー、一つ一つの仕事の意味やビジネスパートナーの役割を説き、その中で、自分が嫌だったことや避けたかったこと、避けられなかったことと避けたこと、選べなかったことと選んだこと、納得できないことと納得できたこと、与えられたものと与えたもの、大事にしたこと、跳ね返したもの、変えようとしたもの、切り開いたこと、創ったもの、個人事業主の一労働者としての生き様を見事に書き上げた。
 こうした澁谷果歩のAVの仕事に対する関わり方は、これからAV業界で働こうとする人や支援者だけでなく、職種を超えて、普遍的にすごく大事なことを教えてくれていると思う。私たちは労働においても、性に関する経験についても、何が嫌で、何をされたくない/したくないかはいくらでも言えるが、何だったらいいとか、何をどのようにされたいか/したいかということについて、具体的に言える人はあまりいないように思う。
 例えばスウェーデン等海外の性教育では、性被害に遭わないようにどう気を付けるかとか、自分がされて嫌なことを自覚するだけでなく、同時に自分がされて心地よいと感じるコミュニケーションや好きな触れ合い方を考え知ることで、より被害防止が効果的になると言われている。なぜか。
■被害回避と働き方の追求を混同しない
 労働にしても何にしてもおそらく私たち一人一人が、気持ちよいと思える働き方や好きな仕事、好きな(性的な)コミュニケーションのあり方を、具体的にイメージできなければ、ただ降りかかってくる強い働きかけから逃げるか避けるか闘う被害者/被害者予備軍か抵抗者の立ち位置であり続ける。そこに留まらず、自分を受け入れさせ、通用させ、風通しをよくしていくには、自分にとって思い通りの労働というのがどんなものかを自分がまず知らないといけない。
 澁谷は、業界関係者からの甘言や虚偽説明の強い働きかけによって確かにそのときは怖さも悔しさもあったが、自分を利用して儲けようとする他者(悪人)による自分の扱われ方(ネガティブな経験)によって動機付けられるような、(被害回避や原状回復といった)モチベーションというよりは、あくまで、なりたい自分、ありたい自分にとってどうなのか、笑顔や利益の増減にとってどうなのかというモチベーションで動こうとしているように見える。
 つまりは、被害回避や原状回復の追求と、本人の幸福は別次元にある。労働者として生きることにおいても、支援者として当事者に寄り添うことにおいても考えさせられる、必携の一冊だ。
 要友紀子
 かなめ・ゆきこ セックスワーカーの健康と安全のために活動するグループSWASH代表。共著に、『セックスワークスタディーズ』(SWASH編、日本評論社・2018年)、『社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本』(井上彼方編、社会評論社・2020年)など。

swashweb.net

f:id:kumonoami:20210102195844j:plain

 労働相談は、誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

 

プレカリアートユニオン2020年冬の解決報告・動画公開「人生の最後に笑えるのは自分たち」。明成物流支部山田支部長が支部活動をしみじみ振り返る。

プレカリアートユニオン2020年冬の解決報告・動画を公開しました。「人生の最後に笑えるのは自分たち」。明成物流支部山田支部長が支部活動をしみじみ振り返ります。

youtu.be

労働組合は、働く人どうしの助け合いの組織です。
雇う人と雇われる人では、どうしても雇う人の方が力が強くなりがち。そこで、憲法労働組合法で、労働組合を作る権利、団体交渉をする権利、争議をよくする権利などが認められており、労働条件をもっとよくしたり、「クビ」「給料が払われない」「職場でいじめられる」など働く上でのトラブルや権利侵害を解決するために力を発揮することができます。

労働相談は、誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

 

f:id:kumonoami:20190805162730j:plain

 

メディカルケア虎ノ門、メディカルケア大手町を運営する医療法人社団雄仁会(五十嵐良雄理事長)はパワハラの挙げ句の解雇を撤回しろ!(動画公開)

職場で「うつ」になった社員の「安全な復職」を実現するためリワークプログラムを提供するメディカルケア虎ノ門、メディカルケア大手町を運営する医療法人社団雄仁会(五十嵐良雄理事長)はパワハラの挙げ句の解雇を撤回しろ!

youtu.be

https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2020/12/03/192854

2006年に医療法人社団雄仁会に入職したAさんは、五十嵐理事長から、「企業向けにメンタルヘルスサービスを提供する会社を作りたい、その会社の立ち上げ、運営もやってほしい」と依頼され、法人の事務次長として、給与計算、入退職の手続きから、五十嵐理事長が主催・参加する研究会・学会の事務局業務(ほとんど無給!)、五十嵐理事長が発表する報告文書の下書き、五十嵐理事長の秘書業務、会計入力業務などの管理事務に従事してきました。入職にあたって、五十嵐理事長は、前職よりは高い賃金を支払うこと、社宅を用意する旨を確約していました。
2007年2月、企業向けにメンタルヘルスサービスを提供するための関連会社(当時)が設立されると、法人の医師、Aさんを含む職員が、この関連会社(当時)から委託された業務に従事していました。2012年にはAさんは、五十嵐理事長からの依頼で、理事にも就任しました。
しかし、五十嵐理事長は2018年春頃に、私的な人間関係が変化したことをきっかけに、2019年9月頃から、Aさんを大声で責めたて、怒鳴りつけるようになりました。まさにパワーハラスメントでした。さらに、2019年12月、五十嵐理事長は、Aさんを呼び出すと「契約書を用意した。雄仁会30%で2020年3月まで、関連会社(当時)70%で賃金を支払う契約だ」「今すぐこの場でサインして」と言いながら、大幅な不利益変更になる関連会社(当時)との新たな雇用契約書に署名するよう求めました。

Aさんは、長時間過重労働、五十嵐理事長からの度重なるパワーハラスメント、意思に反して書類への署名・押印を強いられたことなどから、適応障害で、1ヶ月の自宅療養が必要だと診断されるに至りました。Aさんは、誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンに加入し、法人と団体交渉を行うと、五十嵐理事長は、パワハラ発言の一部について事実を認めました。しかし、パワハラによって精神疾患を発症したAさんには補償をせず、休職後、復職すると、プレカリアートユニオンとの団体交渉の開催を先延ばしにしたまま、Aさんに一方的に社宅から退去するよう通告しました。プレカリアートユニオンが、関係先に五十嵐理事長によるパワハラ問題などの解決のため協力をお願いする文書を送付したところ、五十嵐理事長はあろうことかこれらを理由にAさんを不当解雇しました。この不当解雇に対してAさんは、2020年10月、東京地方裁判所労働審判を申し立てました。

医療法人社団雄仁会の五十嵐理事長は、職場の「うつ」により休職を余儀なくされた労働者のリワークプログラムを行うデイケアでは、第一人者として知られる医師です。そんな五十嵐理事長自らパワハラを行い、被害者が精神疾患を発症し、休職を余儀なくされたにも関わらず、何の補償もせず、被害者を一方的に社宅から追い出し、組合活動を理由に解雇する、などというということは許されません。皆様、五十嵐理事長が自らの立場と社会的な責任を自覚し、早期にパワハラ問題、解雇問題と労使紛争を解決するよう、五十嵐理事長にご意見くださるよう、お願いいたします。

【ご意見は】医療法人社団雄仁会 五十嵐良雄理事長
医療法人社団雄仁会メディカルケア虎ノ門心療内科 / 精神科)
〒105-0001東京都港区虎ノ門1丁目16-16 虎ノ門1丁目MGビル4階
TEL03-5510-3898 FAX03-6268-8745
医療法人社団雄仁会メディカルケア大手町(心療内科 / 精神科)
〒100-0004東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビルB1F
TEL03-6262-1666 FAX03-6262-1689

【労働相談は】
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

f:id:kumonoami:20210102180014j:plain

 

コロナ禍の雇用環境悪化に乗じて嘘の求人で労働者をおびき寄せる、バイク便のファーストボーイを提訴!

「時給1500円+歩合50%」「月収40万円以上も可!」「必ず稼げるバイク便」、好待遇を謳い求人を行い、実際の支給額は月3~4万円程度。悪質な求人詐欺と、偽装請負を行うバイク便の会社、株式会社ファーストボーイ(岸田薫代表取締役)に対し、組合員2名が原告となって、労働者性を前提とした未払い賃金の請求訴訟を2020年12月23日付で東京地裁に提起しました。代理人は、旬報法律事務所の佐々木亮弁護士、鈴木悠太弁護士です。
■雇用責任逃れのための偽装請負
 ファーストボーイは、好待遇を謳った求人広告で労働者を集め、実際にはタダ同然の低賃金労働を行わせています。ライダーたちは、「個人事業主」として会社と契約をしていますが、実態は、仕事の応諾の自由もなく、完全に指揮命令下におかれています。ファーストボーイは労働基準法上の使用者責任を逃れるために、敢えて実態と異なる「業務委託契約」を結ばせ、違法な労働者からの搾取を繰り返しています。また、低賃金で追い詰められ、仕事を辞めようとするドライバーには、違約金として高額な請求を行う等し、やめられない状況に追い込んだうえで無理やり働かせています。
■団体交渉からも逃げ続ける
 ファーストボーイに対する団体交渉申入は2020年6月に行われましたが、会社は配達証明の受け取りを拒否。直接申入に行くと「反社」「カルト」などの言葉を使い組合を誹謗中傷し「業務委託だから」と一方的に交渉を拒否しました。その後も団体交渉には応じていませんが、交渉を拒否する理由も2転3転、東京都労働委員会に不当労働行為救済申立を行うと、その調査の中で「団体交渉を申し入れられてなどいない」等と団体交渉を申し入れられた事実さえ否定し、話し合いの場から逃げ続けています。
■コロナ禍の混乱も影響
 原告の2名の組合員は、どちらも本業がコロナの影響で大きな打撃を受けてしまい、ファーストボーイの求人に応募した経緯があります。コロナ渦の雇用環境の悪化に乗じて、違法行為をさせたり、異常な低賃金での労働を強いる、危険な労働をさせるなど闇バイトも大きな社会問題となっています。ファーストボーイに対し、しっかりと雇用責任を果たすよう、求める裁判、皆さんもぜひ応援をお願いします。

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合 プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/

 

f:id:kumonoami:20200701130552j:plain

※写真は2020年7月にファーストボーイの求人詐欺問題について厚生労働記者クラブで記者会見を行ったときのもの。

 

youtu.be

2020年12月の解決 労災、解雇問題などについて交渉していた群馬県内に営業所のある派遣会社と和解、ほか

2020年12月の解決

・労災、解雇問題などについて交渉していた群馬県内に営業所のある派遣会社と和解
しました。2020年11月に開催した第1回団体交渉で、全体的な解決に向けて、次
の団体交渉までの賃金補償について合意し、労災の補償、解雇問題など全体的な
解決に向けて協議していたところ、12月10日に開催した第2回団体交渉で和解す
ることができました。早期解決のためにご尽力いただいた全ての関係者に感謝し
ます。

・解雇問題について交渉していた東京都内の食品サービス会社と和解しました。

・不当労働行為問題について解決を求めていた、静岡県内に事業所のある貸しスペース運営会社と東京都労働委員会で和解しました。

一時帰休中の賃金補償問題について、在職中の組合員についても個別にOYOJapan合同会社と和解しました。

・未払い賃金問題、解雇問題について交渉していた東京都内の美容院と和解しました。

 

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合 プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/

www.youtube.comhttps://www.youtube.com/watch?v=nq7GYdwkI-k&feature=youtu.be

 

f:id:kumonoami:20201123005530j:plain