プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

原文次郎さん(反貧困ネットワーク 外国人支援チーム)によるレビュー/一次情報・速報を元にした他国の運動の「評価」の難しさ しかし、私たちはこれを他人事として観ていて良いのか?『ヤナマール - セネガルの民衆が立ち上がるとき』(ヴュー・サヴァネ著 バイ・マケベ・サル著/勁草書房)

 「セネガル」「民衆運動」このテーマははたしてどこまで日本の読者に身近な問題といえるだろうか。本書『ヤナマール   セネガルの民衆が立ち上がるとき』は分厚い大著ではないが、しかし必ずしも読みやすい本とはいえない。しかし、評価は読み手にもおよぶ。セネガル民衆運動の報告を日本の読者がどのように受け止めるかということは読み手も評価の対象になるということである。その点でも本書は簡単な本ではない。

■「ヤナマール」の意味と本書の構成■
 「ヤナマール(Y'enamarre)」とは、フランス語で「もう、うんざりだ」という意味である。フランス語の原著は2012年、日本語版は2017年の出版であるが、本書は2011年にセネガルで起きた、既存の政治体制に対する市民による広範な抗議行動を主導した社会運動対「ヤナマール」を紹介する報告を主としている。報告の前に日本人の監訳者である社会人類学者・社会思想史家の真島一郎氏による解説が配置され、後には運動を主導したラップグループ「クルギ」(セネガルで「イエ=家」の意味)のメンバーに対するインタビューや運動の理念を表す一次資料を収めている。
 解説を前に配置したのは日本の読者に対する配慮であろうが、それは本文を読んだだけでは時系列的な経緯と、西アフリカの一国のセネガル、いやアフリカに留まらず、東アジアの日本も含む、民衆運動の世界的な意味に目を向けさせようとの監訳者の意図を感じる。運動が起きた2011年は、中東における、いわゆる「アラブの春」、日本では3.11の東日本大震災が起きた年であることが想起されるであろう。
 しかし、これらの監訳者の意図は読者が自身で本文から汲み取るべきものであり、解説で導かれるものではないと思う。解説を読み、運動の意義を強調された後に本文のテキストに目を通してみると、そこまで膨らませた意味が読み取れず少なからず当惑する。

■新しいセネガル人を作ろうとする運動-日本は?■
 一方、「ヤナマール」は新しいセネガル人を作ろうという運動でもある。1960年のセネガル建国以来、センゴール政権、ジュフ政権と40年にわたる社会党の長期政権が続いた後に、国民は自由主義的な対立候補であるワッドを支持して建国以来初の民主的な政権交代を果たした。しかし、国民の期待を抱いて2000年に登場したワッド大統領の政権がその期待を裏切るのにもそれほど時間はかからなかった。多選を狙うワッド政権に対する抗議運動がヤナマール運動の発端であり中心である。「ヤナマール=うんざりだ」という言葉は、ワッド大統領個人に留まらず国民の期待に応えない政治体制に向けられていると同時に、そういう政治体制に対して呪詛じゅその言葉を吐きつつも、社会体制も含めて変えようとしてこなかったセネガルの国民自身に対しても「うんざりだ!」として、政治に背を向けるのではなく、政治プロセスに参加することによって新しいセネガル国民に変わろうという意味が込められている。
 そこにセネガル国民としての物語を紡ぎたいという思いがあり、「クルギ」のようなラップミュージシャンが運動を主導するのも意味があるが、ジャーナリストに書かれた本文の報告部分にはフランスの哲学者、思想家、社会学者の言葉の引用が多用されているのにはパラドクスを感じる。アフリカの旧植民地が宗主国の言葉を用いて自国の物語を説明しようという点においてである。
 むしろ資料として収められている「クルギ」メンバーのインタビューの方が彼らの肉声で運動の目指すものを伝えていて心に響く。
 そして、最終的に西アフリカの民衆運動のレポートを日本の読者がどう受け止めて生かすのかという点に帰り着く。政治に対して「うんざりだ」「生きさせろ」と感じる民衆運動が政治を忌避するのではなく、政治参加を通して政治を変えていくレベルに至るのか、問われるところである。
 2021年の世界は新型コロナ感染症によりまったく新しい世界に突入しており、ヤナマール運動から10年が経過している。セネガルもワッド大統領の多選を阻止したが、その後に発足したサル新政権も10年を迎えようとしているなかで順風満帆とはいえない。あらためて本書に描かれた2011年のその後が気になるところだ。
レビューアー:原 文次郎(反貧困ネットワーク 外国人支援チーム)

 

www.keisoshobo.co.jp

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

 

f:id:kumonoami:20210706231546j:plain

 

福島みずほさんによるレビュー/すべての女の子に、あなたには力があって、あなたにはあなただけの良いところがあると伝えたい。『わたしは無敵の女の子』(ケイト T. パーカー著/海と月社)

 最近、『わたしは無敵の女の子』という本を読んだ。とっても元気になるので、手元に置いて繰り返し読んでいる。
 これは4歳から18歳までの約200人の女の子たちの様々な写真とメッセージから構成をされている。どの写真もどのメッセージも本当に素晴らしい。本の製作者であり撮影をしたケイトさん自身がサッカーなどをやってきたスポーツパーソンと言うこともあり、アスリートの女性たちの素晴らしさと言ったら。ダンスをしたり、いろんな探検をしたり、笑ったり、様々な表情の女の子は100%輝いている。大口を開けて笑う子、泥だらけの子、不屈の闘志を燃やしている子、病を抱えて希望に向かって生きている子、実にさまざまである。見ているだけで元気になる。
 日本では、「女の子」というと、未熟であるとか、かわいいとか、保護しなければならないとかまだよくものを知らないと言うような感じのイメージだが、ここにいる女の子たちは未来がたくさんあると言う意味で極めてパワフルであり、そして、つよい。未知数の女の子たち、無限大の可能性を持つ女の子たちである。女の子と言うイメージがまったく変わる。女の子っていいなぁ、女の子って素晴らしいといいたくなる。

 著者が「はじめに」というところで書いてある部分を引用させてもらいたい。
 「女の子は男の子より劣っているとか、もっとやせなくちゃとか、どうせ1人じゃ何もできないとか言われたら、どうか気にしないで立ち向かってほしい。なぜって、私たちは【なにかが足りない】どころか、【じゅうぶん持っている】のだから!大切なのは【他人】ではなく【自分】の本心に耳をかたむけ、それを声にだすことだ。それもとびっきり大きな声で」
 女の子は、未経験だとか、知識がないとか、ろくにものを知らないとか思われがちだ。しかし、何かが足りないのではなく十分持っているという指摘は本当にその通りだ。自分の中にある力を自覚し、自分はできるのだと思うこと、それが本当に大事なことである。
 どれだけ女の子たちは、ダメだダメだと言われ続けてきたのだろうか。だからこそ自己肯定感が低く、自分の中に力があるにもかかわらず、その力を出すことができずに、萎縮をしてしまう。

 この本の中のメッセージにこういうのがある。
 「私は水球がだいすきだし、かたっぽのまゆげだけ上げられるし、テニスもできるし、へんがおで、みんなをわらわせることもできる。いもうとのペニーが3つのときには、字のよみかきだって、おしえてあげたんだから」サブリナ6歳
 6歳の女の子のこんなことを私はできると言う自信は素晴らしい。
 「車にひかれて、骨がつぶれた。でも、生き延びたわたしは、何があろうと最高の自分になってみせるって決めた。」シェルシー14歳
 全力で生きる女の子たちの自信や決意は素晴らしい。

 日本で、私はこんないいところがあるなんて言ったら、何をうぬぼてるんだというか、笑い話になってしまうかもしれない。しかし、この写真の中に出てくる女の子たちはみんな全力投球で、真摯であり、また自分なりの考え方を持っている。そこが本当に素晴らしいのだ。
 女の子がそのままで、力がある、わたしにはこんないいところがあると言い切れる日本の社会になったらとってもいい。全ての女の子たちが自分にはこんないいところがあるとどんなに小さくても言い切れるととってもよい。
 今は、もちろんたくさん問題があるけれども、こんな元気な女の子たちがこんな形で育っていれば将来本当に変わっていくだろう。

 第一章の「『自信がある』は、つよい」の部分はこういう文章で始まっている。
 「いま、男性の賃金が1ドルとすると、女性はたったの79セント。テレビのスポーツ番組で、女性アスリートの活躍をとりあげるのは放送時間のたったの5%。女性が主役の映画やテレビドラマはたったの12%。そんな話をこの章に出てくる少女たちにしたら、なんと言うだろう。ここにいる女の子たちは、みんな聡明で、才能があって、つよい。そして、そのことを本人もわかっている。どの子も自信をみなぎらせている。それが、わたしたちに希望を与えてくれるー彼女たちがおとなになるころには、きっと、不公平な扱いは消えているだろう、と」
 本当に未来は変わっていくだろう。そして、明確に変わり始めている。

 構成のどれも素晴らしいが、わたしがその通りとニヤリとしているのは、「『楽しめる』は、つよい」という部分の文章である。
 「この章の少女たちも、いつだって楽しもうとしている。そして、その喜びを分かちあっている。彼女たちには、ささやかな喜びを見つけるための、芯のあるつよさがある。楽しめる人は、つよい。
あなたも、そうなろう。」
ね、いいでしょう。写真を見るだけで、メッセージを見るだけでワクワクしてくる。

 「このソバカス、気にいってる。だって、これもあたしの一部だもん。」9歳
 全て私の個性というこういう考え方は本当に良い。外からの「女の子はこうあるべきだ」というのを乗り越えている。外からの評価や視線に怯えずに、わたしはわたし、これはわたしの良いところ、気にいっていると言うつよさに心打たれる。
 みんなどこまで遠くへ行けるだろう、楽しく。みんなどこか「わたしは無敵の女の子」だった。いろんなことに喜びを見つけて生き生き生きてきたのである。伸びやかな気持ちに本当になってくる。少女時代をもう一度生き直すようなそんなワクワクした新しさに満ち満ちてくる。

 帯に、「すべての少女と、かつて少女だったあなたを祝福するフォト&メッセージ」とある。すべての少女とかつて少女だったあなたを本当に祝福してくれるフォト&メッセージである。祝福してもらい、力をもらってニコニコがんばれる。自分の中の女の子がなんだってできるよと励ましてくれている。
そしてすべての女の子に、あなたには力があって、あなたにはあなただけの良いところがあると伝えたい。
 ぜひ読んでください。また、ぜひたくさんの女の子に、かつて女の子だった女性たちに届けてください。もちろん男性もぜひ読んでください。
レビューアー:福島みずほ社民党党首/参議院議員

※このレビューは、《2021年5月5日発行の福島みずほ氏のメールマガジン福島みずほ元気ニュース」》で配信された文章より一部抜粋し、許可をいただき掲載をさせていただきました。

 

www.umitotsuki.co.jp

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

 

f:id:kumonoami:20210513215020j:plain

 

労働法は自身の身を守る強力な武器になる。『会社に人生を振り回されない 武器としての労働法』(佐々木亮著/KADOKAWA)

 『会社に人生を振り回されない 武器としての労働法』は2021年3月31日にKADOKAWAから発売された著書で、執筆されたのは、旬報法律事務所の佐々木亮弁護士です。佐々木弁護士にはプレカリアートユニオンも大変お世話になっており、労働者の働きやすい環境を作るために日々尽力されている方です。

■会社は簡単に解雇できない■
 この本はすべての働く人に向けてわかりやすく、労働法について具体的な例を元に解説している本です。労働法を知っていればハラスメントや不当な解雇、賃金未払いなどに対して自身の身を守る強力な武器になると確信が持てるでしょう。
 たとえば、私が気になったところは、雇用形態別の契約社員(有期雇用)について、会社は契約期間が切れたからといって一方的に労働者を切ることができないということです。これまで何回も契約期間が更新されていたので、今回も更新される、大丈夫だと思っていたら、会社側から契約期間が切れたからもう来なくていいと雇止めされた場合、そのような契約なのだから仕方がないと労働法を知らなければ思ってしまいます。しかし、この本を読めば、いくつかの条件(何回も契約を更新されているなど)を満たしていれば、労働者には契約更新の期待する正当な理由があるとして、会社側に雇止めを無効にするよう要求することができるとわかります。
 ほかにも、解雇を成立させるにはかなり高いハードルがあるので、会社は簡単には解雇などできないこと、ハラスメントなどを訴える時には録音が必要なこと、近年のコロナ関係の労働トラブルの対策など、本のタイトル通り「武器としての労働法」について労働者が知りたいことが書かれています。

■労働者はより良い労働環境を勝ち取れる■
 日本人としての感覚なのか、私の個人の考えなのかわかりませんが、会社は絶対的に私たち労働者より立場が上で、会社の決定や方針に対して反論しづらい環境があると思います。しかしそれは間違いで、会社が労働法を無視しているならば労働者はそれを正し、より良い労働環境を勝ち取ることができるのです。そのためにもまずはこの本を手に取って読んでほしいと私は思います。
山善行(組合員)

 

www.kadokawa.co.jp

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

f:id:kumonoami:20210706222834j:plain

f:id:kumonoami:20210706222848j:plain

f:id:kumonoami:20210406101909j:plain
f:id:kumonoami:20210406101946j:plain

著書にサインする佐々木亮弁護士(旬報法律事務所)。プレカリアートユニオンの顧問弁護士でもある。/著者の佐々木亮弁護士とプレカリアートユニオンの稲葉書記長。佐々木弁護士には、稲葉書記長が当該組合員として解雇問題を闘った際の代理人を務めていただいた。

LGBTQs労働相談応援ライブ 私たちはともに生きている。8月8日(日)11時30分、LiveSpace早稲田RiNen

8月8日にLGBTQs当事者やフレンドリーな出演者によるライブを開催します。
ハンサム判治さん率いるゴリラ人間ズは、書記長の稲葉一良さんがベーシストとして参加しているバンドで、趣旨を理解して出演いただけることになりました。

https://precariatunion.hateblo.jp/entry/2021/06/17/155728

 

youtu.be

LGBTQs労働相談応援ライブ 私たちはともに生きている

LGBTQs当事者が職場で直面する問題は、労働組合ならともに解決することが可能であることを広く伝え、出演者のメッセージによってLGBTQs当事者を勇気づけるために、LGBTQs当事者やフレンドリーな出演者によるライブを開催します。

日 時:2021年8月8日(日)11時30分から14時30分
会 場:LiveSpace早稲田RiNen(リネン)
    〒162-0042東京都新宿区早稲田町74早稲田オアシスビルB1F
    東西線早稲田駅1番出口 https://waseda-rinen.com/
参加費:2000円(予定)
    ※1ドリンクの注文をお願いします。ドリンク代別。
    ※プレカリアートユニオン組合員は参加費の補助あり。
定 員:20~30人(予定)
    ※マスクの着用をお願いします。当日、体調がすぐれない方は参加をご遠慮ください。
    ※できるだけ事前にお申し込みください。info@precariat-union.or.jp 氏名(ニックネーム可)を記載してください。

出演:AROMU(女装パフォーマー、ライター)※司会とパフォーマンス
   https://www.instagram.com/aromu_namie/
   Kings of Tokyo(ドラァグキング)
   https://m.facebook.com/kingsoftokyojp
   KAB.(シンガーソングライター)
   https://kab.officialsite.co/
   ゴリラ人間ズ(ハードコアジャズバンド)
   https://gorillaningenz.jimdofree.com/

主 催:プレカリアートユニオン
    〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
    TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
    ウェブサイトhttps://www.precariat-union.or.jp/
    ブログhttps://precariatunion.hateblo.jp/
    メールinfo@precariat-union.or.jp
誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンは、2015年からLGBT労働相談を呼びかけ、取り組んできました。この間、SOGIハラ性的指向性自認に係わるハラスメント)、アウティングなどの問題について相談を受け、労働組合として使用者と団体交渉を行い、解決しています。LGBTQs当事者が労働組合に相談、加入して就労環境を改善することが当たり前になることを目指して、LGBT労働相談キャンペーンに取り組んでいます。

f:id:kumonoami:20210630190837j:plain

 

解雇問題について交渉していた埼玉県内の運送会社と和解!

解雇問題について交渉していた埼玉県内の運送会社と和解し、解雇が撤回されました。

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
ユニオン運動センター内
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

 

youtu.be

f:id:kumonoami:20210627115323j:plain

 

映画『I Am Here~私たちはともに生きている~』上映イベント盛況。トランスジェンダーの日常と職場テーマに参加者みんなで語り合う

 6月26日(土)、事務所から程近くにある足湯cafe&barどん浴にてプレカリアートユニオン主催のイベント「トランスジェンダー当事者の日常と職場」を開催しました。組合員で、LGBT当事者&活動家でもある浅沼智也さんが初監督を務めた映画『I Am Here~私たちはともに生きている~』の上映が行われた後、浅沼さんに加え、ゲストにSDGsバー「新宿ダイアログ」の店長、アーティスト、モデルのダイアログ瞬さん、組合からは清水直子執行委員長が登壇し、トランスジェンダーが日常や職場で直面する様々な問題についてをテーマにトークセッションが行われました。

「生きることを諦めないで」
 イベントの冒頭に、浅沼さんが監督・主演を務めた映画『I Am Here~私たちはともに生きている~』が上映されました。「生きることを諦めないで」という強いメッセージを伝えるドキュメンタリー作品、来場者は真剣な眼差しで、スクリーンを見つめました。性別移行手術をしたいと思ってしたわけではなく、当時付き合っていた相手の両親に戸籍上の性別がばれるが嫌だったと浅沼さん自身の性別移行への想いを語ったシーンが特に印象的でした。

会場が1つになって語り合う
 映画の後のトークセッションでは、登壇した3人のみならず会場のみんなで、映画の感想や、LGBT当事者の直面する問題などについて語り合いました。「やらないと1ミリも変わらないという言葉に強い共感を覚えた」、「制度が色々あっても、制度を利用できる人できない人がいる」、「共に頑張って歩んで、生きてて良かったと思えるように頑張っていきたい」、「トイレの問題で辛かった」等、様々な発言がありました。ダイアログ瞬さんも「誰かのために生きているのではなくて自分のために生きている」と、自分らしく生きていくことの大切さを呼びかけました。

 新型コロナウイルス感染予防の観点から、定員を大きく制限しての開催となりましたが、当日は定員ギリギリとなる程、たくさんの方が会場に訪れ、大盛況のイベントとなりました。LGBTQs当事者が労働組合に相談、加入して就労環境を改善することが当たり前になることを目指して、今後もLGBT相談キャンペーンに取り組んでいきます。

稲葉一良(書記長)

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

youtu.be

f:id:kumonoami:20210626160815j:plain

f:id:kumonoami:20210626203105j:plain

 

【動画公開】団交拒否は違法と認定!労働組合へのスラップ訴訟は請求全て棄却!粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役)は 団体交渉に応じろ!

youtu.be

都労委で団交拒否は違法と認定!(2021年3月)
労働組合へのスラップ訴訟は請求全て棄却!(2021年5月)
過積載は事実と東京地裁が認定

生コン用砕石、石油製品販売を行う
粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役)は
団体交渉に応じろ!不当解雇を撤回しろ!
法律を守れ!

生コンクリート用砕石、砂利生産販売、道路用砕石、RC砕石生産販売、コンクリート廃材受入、石油製品販売を行う、粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役/栃木県鹿沼市奈佐原町16)にて、不当解雇が行われ、現在、労使紛争になっています。

粟野興産株式会社では、社員が、粟野興産の系列会社であるあさひ興産に粟野興産より出向していた際、会社に法令遵守をはたらきかけたことをきっかけに、当組合員を出荷、台貫、配車、営業業務からごみ拾いに配置転換しました。このような不当な配置転換のみならず、会社は従業員に対し、労使の合意なく賃金等の労働条件を変更するといった労働契約法8条違反を行った挙げ句に、不当解雇を強行しました。

しかも、誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンが組合活動として問題解決を訴えた書面を関係先に送ったり、街宣行動を行ったことに対し、損害賠償を請求して提訴した上、現在、団体交渉を拒否しています。

団体交渉拒否は、労働組合法第7条2号違反の不当労働行為です。粟野興産の不当労働行為について、プレカリアートユニオンが東京都労働委員会に不当労働行為救済申し立てを行ったところ、2021年3月に東京都労働委員会で、粟野興産の団体交渉拒否を違法と認定し、団体交渉応諾を命じる命令が出されました。

https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2021/meirei31-25_besshi.html

粟野興産が、プレカリアートユニオンと当該組合員に対して起こしたスラップ訴訟(口封じのための嫌がらせの訴訟)では、2021年5月12日に東京地方裁判所で、粟野興産の請求を全て棄却し、訴訟費用も粟野興産の負担とするという組合側の完全勝利判決が出されました。「組合活動が公共性・公共目的があったかどうかが主な争点でしたが、過積載、名義貸し、当該組合員の労働条件については、いずれも公共性・公益目的を認定されており、プレカリアートユニオン側の主張が認められました。過積載については、真実性を認めています」(粟野興産スラップ訴訟組合側弁護団のコメント)。つまり、過積載は事実だったと裁判所が認めたのです。

しかし、いまだに粟野興産は、プレカリアートユニオンとの団体交渉に応じず、不当解雇問題を解決していません。粟野興産のこのような違法行為をあらためさせるには、関係者によるご指導が不可欠であると考えております。労働法を守り、労働者を大切にするよう、粟野興産の状況について調査・点検していただき、しかるべきご指導、ご対応をしてくださるようお願いいたします。

ご意見・抗議は
粟野興産株式会社 代表取締役 宮崎忠利
栃木県鹿沼市奈佐原町16番地
TEL 0289-75-4651(代)
FAX 0289-75-4675
E-mail : awanoks@bc9.ne.jp

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
メール info@precariat-union.or.jp

f:id:kumonoami:20210619230833j:plain

f:id:kumonoami:20210619230648j:plain