プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

高崎流通企業と過去の未払い賃金問題について東京都労働委員会で部分和解成立!

未払い賃金問題、不当労働行為問題について交渉していた、介護施設を運営する高崎流通企業株式会社と、過去の未払い賃金問題について、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の場で、和解が成立しました。

引き続き、組合脱退工作などの不当労働行為問題の解決をしながら健全な労使関係を築き、賃上げを含む待遇改善に取り組みます。

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F
TEL:03-6276-1024 FAX:03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp
※会社のPCからは相談メールを送らないでください
http://www.precariat-union.or.jp/  http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/

デイサービスの「ナイスデイ里山」などを運営する高崎流通企業で、エアコン設置を実現

デイサービスを提供する介護事業所の「ナイスデイ里山」「エンジョイ・ア・デイ原」を運営する高崎流通企業(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役)で、未払い賃金問題、悪質な組合脱退工作問題、利用者が熱中症になりかねない環境の改善などを求めて交渉してきました。

団体交渉により、新しいエアコンの設置を実現することができ、有給休暇も取得できるようになっていましたが、このほど、会社と過去の引き継ぎ時間などの賃金問題について部分和解することを合意しました。

ナイス・デイ里山群馬県富岡市上高尾909ー5)で働く職員は、今後、組合員の賃上げをはじめとする待遇改善を実現しながら、米澤正伸代表取締役が、プレカリアートユニオンについて、「本当にものすごい脅し」「過激」「ブラック組合のナンバーツー」などと誹謗中傷、悪宣伝し、組合員に組合を脱退するようしつこくはたらきかけたこと(労働組合法第7条3号違反・支配介入)、会社の名前を組合のブログに載せて問題を指摘したことに対し、社名使用料なる金銭を請求したことなど、不当労働行為問題についても解決し、健全な労使関係を築いていきます。

介護事業所で弱い立場の高齢者に対する虐待が社会問題化しています。高齢者への虐待が起きてしまう大きな原因は、介護労働者の劣悪な処遇です。余裕がないがゆえに、弱い立場の高齢者にしわよせされてしまうのです。

高崎流通企業のような会社、「ナイス・デイ里山」のような事業所を是正せず放置してしまうことは、この社会に公害をまき散らすのと同じことになってしまいます。働く人の処遇を改善しようと努力し、法律を守って事業を運営する真面目な経営者の足を引っ張ることにもなります。何より、提供される介護サービスへの質が心配です。

取引先の皆様、群馬県高崎市の皆様、富岡市の皆様、高崎流通企業(株)、「ナイス・デイ里山」に法律を守って健全に事業を運営するよう、ご指導くださるよう、どうかよろしくお願いいたします。

【抗議・ご意見は】
高崎流通企業株式会社 富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役
〒370ー0843 群馬県高崎市双葉町11?6
TEL:027ー329ー5579
FAX:027ー323ー6615


【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4?29?4 西新宿ミノシマビル2F
TEL:03-6276-1024 FAX:03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp
※会社のPCからは相談メールを送らないでください
http://www.precariat-union.or.jp/  http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/

【組合員の声を追記】デイサービスを提供する介護事業所「ナイスデイ里山」を運営する高崎流通企業(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役)は脱退工作をやめろ!

デイサービスを提供する介護事業所の「ナイスデイ里山」「エンジョイ・ア・デイ原」を運営する高崎流通企業(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役)は悪質な脱退工作をやめろ!(労働組合法違反)

運送業と介護事業を営む高崎流通企業株式会社(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役群馬県高崎市双葉町11−6)が運営する、デイサービス事業所、ナイス・デイ里山群馬県富岡市上高尾909−5)で働く職員が、誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンに加入し、ごく当たり前の「法律を守ってほしい」という要求と、真夏には室温が30度になるようなデイルームのなかで高齢者が熱中症になりかねないような環境を改善するよう求めて、交渉を申し入れました。

すると、米澤正伸代表取締役は、団体交渉に応じないまま、「本当にものすごい脅し」「過激」「ブラック組合のナンバーツー」などと誹謗中傷、悪宣伝し、組合員に組合を脱退するようしつこくはたらきかけました。これは、労働組合法第7条3号違反の不当労働行為(支配介入)という違法行為です。米澤社長に後ろ暗いところがないのなら、または違法行為を話し合いによって解決しようという意思があるなら、まずは、誠実に話し合いをすればよいはずです。

人手不足が深刻化する介護業界で、ケア・ワーカー(介護労働者)の待遇改善は、急務の課題です。にも関わらず、高崎流通企業、「ナイス・デイ里山」では、労働組合を辞めるよう働きかけるという違法行為を行いました。

介護事業所で弱い立場の高齢者に対する虐待が社会問題化しています。高齢者への虐待が起きてしまう大きな原因は、介護労働者の劣悪な処遇です。余裕がないがゆえに、弱い立場の高齢者にしわよせされてしまうのです。

高崎流通企業のような会社、「ナイス・デイ里山」のような事業所を是正せず放置してしまうことは、この社会に公害をまき散らすのと同じことになってしまいます。働く人の処遇を改善しようと努力し、法律を守って事業を運営する真面目な経営者の足を引っ張ることにもなります。何より、提供される介護サービスへの質が心配です。

取引先の皆様、群馬県高崎市の皆様、富岡市の皆様、高崎流通企業(株)、「ナイス・デイ里山」に法律を守って健全に事業を運営するよう、ご指導くださるよう、どうかよろしくお願いいたします。

【抗議・ご意見は】
高崎流通企業株式会社 富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役
〒370−0843 群馬県高崎市双葉町11?6
TEL:027−329−5579
FAX:027−323−6615


【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4−29−4 西新宿ミノシマビル2F
TEL:03-6276-1024 FAX:03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp
※会社のPCからは相談メールを送らないでください
http://www.precariat-union.or.jp/  http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/



デイサービス施設「ナイス・デイ里山」で働く職員の声

猛暑で30度以上の室温に!
デイサービスの虐待をなくしたい
<会社の変なシステム>
私の仕事はデイサービスの看護師のはずです。今の職場で働くようになったのは4年前、最初は他の仕事もしていたので週1のアルバイトで働き始め時給1000円、当時は利用者も少なく平均介護1か2の方ばかりで正直楽かなと思いました。

ただし昼休み以外に休憩を取っていることにされていて月数千円差し引かれていました。内訳を説明されても理解できず会社のシステムとのことなら仕方ないと思うしかありませんでした。他の職員に聞いても理解していませんでした。昼休みの他に休憩などはできるわけがありません。

面接では正社員を希望したのですが会社が認め契約社員を1年経て正社員になった人もいると言われ可能性を期待し、2年目くらいの時に相談したのですが、パソコンができないと無理だと断られました。私がパソコンをしないので断る理由としたのです。

ならば、とフルパートで保険も入りたいと要望し、それは叶ったのですが、時給が900円に下げられました。保険に入るために会社に負担がかかるからと説明されました。その代わり特別手当と処遇改善費を出すから時給にすると950円です。その後のシフトには介護職の欄に名前がありました。その時は記載間違いと思い特に気にしていませんでしたがその後も同じ。社長からは何も説明ありません。私は看護師のはずなのに……。時給を含めて介護扱い。しかし何かと看護の面で観察をするよう言われています。

<利用者よりエアコンが大切なのか>
そして今年の夏は猛暑でデイルームは連日30度以上の室温です。エアコンはかなり古いものを使用、建物は普通の家屋を利用しているため効きも悪いのです。お年寄りは鈍感になっているため汗びっしょりでも不満の声は少ないのです。職員が勝手に設定温度を下げることは禁止されていて1度下げるのにも管理者に許可を得なければなりません。

社長と一緒に施設を立ち上げた元管理者、昨年からケアマネになった人がいますがその人がエアコンは大切に使いましょう。温度を下げるとエアコンに負担がかかる。在るものと水分補給で工夫してください。と言うのです。その言葉に唖然としました。利用者よりエアコンが大切なのです。側で聞いている社長は職員にエアコンを買う余裕がないので余っている扇風機があったら持ってくるようにと言う始末。TVで報道された病院と同じです。重く言えば虐待、殺人行為ではないでしょうか?デイルームは熱中症になりかねない状態でも事務所は冷房が効いているのです。社長は介護職では有り得ない給料を貰っていると複数の職員が聞いています。利用者は大切なお客様ですと都度言っているのに矛盾を感じます。

私も他の職員も勤務時間は朝8時半からなのですが、何も知らせがなく8時15分過ぎから朝礼開始、送迎は8時25分と予定表に記載されるようになり皆不思議に感じていましたが、以前から社長には口答え、言い訳は禁止、でも……等の否定するような発言も禁止なのです。ですから意見などは言えません。

<退職するよりも働きやすい職場に>
自分のなかで色々不満が積り退職も考えたのですが、他の職員に打ち明けると皆同じ思いでした。

そんなとき知人が一人でも加入できる組合があるから、と紹介してくれたのがプレカリアートユニオンでした。委員長、副委員長にお会いし今の状況をお話しし、その後同僚にも会っていただき、皆で協力して働きやすい職場にしたいね、とより良い職場にするために組合に加入し、現在は団体交渉と東京都労働委員会の不当労働行為救済申立も行いながら解決に向けて準備をしているところです。皆様これからよろしくおねがいします。  

デイサービスを提供する介護事業所「ナイスデイ里山」を運営する高崎流通企業(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役)は脱退工作をやめろ!

デイサービスを提供する介護事業所の「ナイス・デイ里山」「エンジョイ・ア・デイ原」を運営する高崎流通企業(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役)は悪質な脱退工作をやめろ!(労働組合法違反)

運送業と介護事業を営む高崎流通企業株式会社(富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役群馬県高崎市双葉町11−6)が運営する、デイサービス事業所、ナイス・デイ里山群馬県富岡市上高尾909−5)で働く職員が、誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンに加入し、ごく当たり前の「法律を守ってほしい」という要求と、真夏には室温が30度になるようなデイルームのなかで高齢者が熱中症になりかねないような環境を改善するよう求めて、交渉を申し入れました。

すると、米澤正伸代表取締役は、団体交渉に応じないまま、「本当にものすごい脅し」「過激」「ブラック組合のナンバーツー」などと誹謗中傷、悪宣伝し、組合員に組合を脱退するようしつこくはたらきかけました。これは、労働組合法第7条3号違反の不当労働行為(支配介入)という違法行為です。米澤社長に後ろ暗いところがないのなら、または違法行為を話し合いによって解決しようという意思があるなら、まずは、誠実に話し合いをすればよいはずです。

人手不足が深刻化する介護業界で、ケア・ワーカー(介護労働者)の待遇改善は、急務の課題です。にも関わらず、高崎流通企業、「ナイス・デイ里山」では、労働組合を辞めるよう働きかけるという違法行為を行いました。

介護事業所で弱い立場の高齢者に対する虐待が社会問題化しています。高齢者への虐待が起きてしまう大きな原因は、介護労働者の劣悪な処遇です。余裕がないがゆえに、弱い立場の高齢者にしわよせされてしまうのです。

高崎流通企業のような会社、「ナイス・デイ里山」のような事業所を是正せず放置してしまうことは、この社会に公害をまき散らすのと同じことになってしまいます。働く人の処遇を改善しようと努力し、法律を守って事業を運営する真面目な経営者の足を引っ張ることにもなります。何より、提供される介護サービスへの質が心配です。

取引先の皆様、群馬県高崎市の皆様、富岡市の皆様、高崎流通企業(株)、「ナイス・デイ里山」に法律を守って健全に事業を運営するよう、ご指導くださるよう、どうかよろしくお願いいたします。

【抗議・ご意見は】
高崎流通企業株式会社 富岡浩一代表取締役、米澤正伸代表取締役
〒370−0843 群馬県高崎市双葉町11−6
TEL:027−329−5579
FAX:027−323−6615


【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4−29−4 西新宿ミノシマビル2F
TEL:03-6276-1024 FAX:03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp
※会社のPCからは相談メールを送らないでください
http://www.precariat-union.or.jp/  http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/