プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

長時間労働、未払い残業、パワハラなどはITユニオンに相談を

サービス残業当たり前 ブラック企業が多いIT業界
残業代を払わせたら給料が倍近くなることも

 IT業界でよくあるのが、「朝9時出勤で、家に帰れるのはたいてい日付が変わってから。こんなに働いているのに残業代が出ない」というケース。雇用契約書をよく見ると「1ヶ月分の時間外労働分の賃金として特別勤務手当2万円を支給する」などと書いてあります。
 しかし、残業代を定額の手当で支払うときは、その手当が時間外の賃金だと分かるように、そして何時間分の残業代であるのかが分かるように支払うことが必要です。
 1ヶ月100時間以上残業しているから、もし時給1500円だとしたら、1500円×100時間×1.25(残業代割り増し)=18万7500円になるはずで、未払いの残業代が払われたら、給料が倍近くなる、ということも珍しくありません。
 一方、1ヶ月に100時間以上も残業していたら、体もボロボロになってしまいます。サービス残業(未払い残業)と長時間労働は表裏一体で、会社側もタダ働きをさせることができるから、平気で長時間労働をさせるという面があります。働いた分はきちんと給料を支払わせる、ということを徹底することで、長時間労働を是正させることにもつながるのです。
 ITユニオン(プレカリアートユニオンIT支部)は、長時間労働、未払い残業、パワーハラスメントなどの問題に直面した仲間とともに、解決してきました。
 今は、支部組合員が、技術を生かして、プレカリアートユニオンのウェブサイトを作るなどの活動をしています。また、このような問題をできるだけわかりやすく伝えるリーフレットを作る準備をしているところです。
 ブラック企業率の高いIT業界で働く仲間のよりどころになれるよう、今後も活動していきます。

***労働相談は***

プレカリアートユニオン TEL03-6276-1024
月〜金曜日 10時〜18時(緊急の相談には随時対応)

一般的な労働相談は info@precariat-union.or.jp

IT業界で働く人の労働相談はit-union@precariat-union.or.jp
※会社のPCからは相談メールを送らないでください。