プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

イオンディライトセキュリティで働くみなさん、仮眠時間は労働時間!判決を勝ち取った原告の中村孝(南関東事業部所属)が支部長のイオンディライトセキュリティユニオンに加入しよう!

イオンディライトセキュリティで働くみなさん
仮眠時間は労働時間として全額賃金支払いを命じる判決が出ました!

しかし、会社と企業内組合は、仮眠時間の未払賃金のごく一部のみの支払いで合意しようとしています。

原告の中村孝(南関東事業部所属)が支部長となって結成した、イオンディライトセキュリティユニオンに加入して納得できる交渉をしましょう。

イオンディライトセキュリティユニオン(プレカリアートユニオンイオンディライトセキュリティ支部/中村孝支部長)を2017年8月27日、結成しました。支部長の中村孝が原告となり、仮眠時間の不払い問題について、2015年7月、千葉地方裁判所に未払い賃金請求訴訟を提起していましたが、すでにお送りした判決文の通り、2017年5月に付加金のついた支払いを命じる完全勝訴判決が出され、会社は判決に従って未払い賃金を支払いました。

この判決以後、会社は仮眠時間の不払い問題について企業内組合と話をして、仮眠時間の未払い賃金の一部のみを支払って幕引きしようとしています。この会社の対応に納得いかない警備員たちが次々裁判に立ち上がっています。

裁判で朝の着替えは10分、朝礼(引き継ぎ)は5分の労働時間という判決が出てそれに従って未払い賃金が支払われました。朝の着替えに10分かかれば、夕方の着替えも当然10分かかります。夕礼(夕方の引き継ぎ)も5分かかります。つまり、着替えと朝礼・夕礼に関わる1日あたりの未払いの労働時間は30分であるはずです。しかし、会社と企業内組合であるイオンディライトセキュリティ労働組合は、裁判所の判断を大幅に下回る、1回5分という着替え時間のみの支払いで合意してしまいました。

裁判では、仮眠時間の全てが労働時間であるという判決が出ているにもかかわらず、仮眠時間については、1日あたり2000円程度の手当てを支払うことでお茶を濁そうとしています。仮眠時間が5時間であるのに2000円の手当てしか支払わないというなら、時給400円ということになってしまいます。

社員は全員組合員になるというユニオンショップ協定を結んでいると、企業内組合をやめると解雇されるという説明をされているかもしれません。しかし、プレカリアートユニオンのような別の組合に加入すれば、解雇することはできません(判例が確定しています)。プレカリアートユニオンに加入した社員を差別することも法律で禁じられています。現に、多くの社員が、プレカリアートユニオンの組合員となって、働きながら会社と交渉をしています。

これまで、月100時間を超える長時間過重労働の対策をとらず、まともな賃上げ交渉もせず(基本給は最低賃金)、社員の有志が個人で未払い賃金の請求をし、支払いを命じる判決が出ると、判決を大幅に下回る金額で妥結してしまう、これでは何のための労働組合か分かりません。しかも、36協定の上限である月60時間を超える違法な時間外労働(月80時間以上)について労働基準監督署から是正勧告を受けると、長時間労働を是正するのではなく、36協定の上限を月80時間に引き延ばして協定し直すという、本末転倒な対応をしています。

まっとうな労働組合としての活動をしているのは、プレカリアートユニオン・イオンディライトセキュリティユニオン(中村孝支部長)です。ぜひ、プレカリアートユニオンに加入し、過去の未払い賃金を取り戻しましょう。イオンディライトセキュリティに対する集団訴訟については、ブラック企業問題に運動として取り組むために、裁判の着手金はプレカリアートユニオンが全額立て替えます。

毎月2000円程度の組合費を自動的に支払わされるなら、まっとうな組合に払いたい、という動機で、加入する組合員も増えています。

警備業の平均年収は300万円を超えています。会社の規模でいえば、上位18位の警備会社で、あのイオンの看板のついた警備会社の年収が200万円でいいはずがありません。せめて、年収300万円に引き上げましょう。

親会社であるイオンディライトとの売り上げの配分を適正にするよう交渉し、極端な低賃金を改善し、働きがいのある職場環境を実現しましょう。2020年の東京オリンピックの開催に向けて、このような労働環境、待遇で、本当に警備対処の安心・安全が守られるのでしょうか。イオンディライトセキュリティで働くみなさん、仮眠時間を無給とされている警備業界で働くみなさん、警備業界の待遇改善のために立ち上がりましょう。

プレカリアートユニオンの加入金は3000円。組合費は、年収140万円〜360万円の方は、月2000円です(年収140万円未満は月1000円、年収360万円以上は月3000円)。2ヶ月分以降の組合費は、給料から天引きして支払えます。

https://www.youtube.com/watch?v=cuB1jW__1OQ


■労働相談は ブラック企業・不安定雇用の駆け込み寺から砦へ!
労災、残業代請求、解雇、パワハラ・セクハラ
セクシュアルマイノリティ労働相談対応中!
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053東京都渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
TEL:03-6276-1024 FAX:03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp ※会社のPCからは相談メールを送らないでください。
http://www.precariat-union.or.jp/
http://d.hatena.ne.jp/kumonoami/