プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

勝手に「自主退職」扱い。団交で嘘が明らかになったのにごまかし続けるブラック企業「株式会社東武」に皆様のご指導を

体調を崩して休んだら 連絡したのに「無断欠勤」ってどういうこと?
勝手に「自主退職」扱いってどういうこと?
ブラック企業「株式会社東武」に皆様のご指導をお願いします

 サンデージャポンでのテレビCMなどでもおなじみ、企業や学校、病院などで給食サービスを提供する株式会社東武(以下、東武)は、仙台市青葉区に本社を持つ会社です。この度、東武の東京支社で労働者に対して行なった不当解雇が労使紛争へと発展し、会社側の不誠実な対応に対して、労働委員会での調査が開始されています。
 一人の労働者が、東武の違法な労務管理パワハラなどについて、改善を求めると、この労働者を、度重なる退職勧奨や不当な配置転換などにより追い詰め、また日常的なパワハラやシフトカットなどで職場からの追い出しを図りました。ついにはこの労働者は精神疾患に罹患し、欠勤せざるを得なくなりました。すると東武はその欠勤について、事前に上司に連絡をしていたにもかかわらず「無断欠勤」だと主張し、自己都合退職扱いでクビにしました。

 このことについて、会社に抗議をしても取り合ってもらえず、その労働者は誰でも1人から加入できる労働組合プレカリアートユニオンに加入し、事実と異なる「自己都合退職」を撤回すること、未払い残業代の支払い、パワハラが横行している職場環境の改善を求め団体交渉を行いました。
 第1回目の団体交渉で、当時の上司が、確かに欠勤の連絡やパワハラ発言があったことを証言し、東武の「無断欠勤」という主張が完全な嘘であったことが明らかになりました。

 その後も、幾度となく交渉を重ねています。当初の東武の主張はこちらから全く連絡がなかったというものでしたが、その嘘が明るみに出ると、明らかな虚偽やごまかしを重ね主張を二転三転させました。誠実に団体交渉に応じないこのような行為は労働組合法に反する違法行為であるため、東京都労働委員会に申立てを行い、現在、違法行為の調査が行われています。

 都合の悪い社員をパワハラや配置転換、シフトカットで追い詰め精神疾患に罹患させ、更には嘘をついて会社を「自主退職」させ追い出し、嘘がバレても平気で次の嘘を重ね、組合との誠実な交渉を行わないブラック企業、株式会社東武に対し皆様からも、これ以上の違法行為を重ねないよう、労使紛争を早く解決するよう、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

【ご意見・ご抗議は】
株式会社東武 代表取締役 中島照夫
仙台本社
〒980-0822宮城県仙台市青葉区立町1番2号広瀬通東武ビル8階
TEL:022-217-2636  FAX:022-217-2637


【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合 プレカリアートユニオン
〒151-0053東京都渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
TEL03-6276-1024  FAX03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp ※会社のPCからは相談メールを送らないでください
ウェブサイトhttp://www.precariat-union.or.jp/
ブログhttps://precariatunion.hateblo.jp/

f:id:kumonoami:20191004123805j:plain

企業や学校、病院で給食サービスを提供する東武は不当解雇を撤回しろ