プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

「勝手に妊娠した!」(所長)、「私は仕事が大切だから堕ろしましたよ!」(副所長)苛烈なマタハラを繰返す「経営戦略研究所」(中央区日本橋)に労働審判申立!

妊娠を上司に報告すると「勝手に妊娠した!」(所長)
「私は仕事が大切だから堕ろしましたよ!」(副所長)
苛烈なマタハラを繰返す「経営戦略研究所」(中央区日本橋)にご指導をお願いします!

 経営戦略研究所は、中小企業の総合コンサルタントを行う任意団体です。中小企業の安定成長をサポートするこの団体内では「バカか」「アホ」「死んじまえ」など怒号が飛び交い、「子どもを持つなんて今の時代贅沢品を買うようなもの。高級外車とかブランド品を持つのと同じなんだから自己責任なはずなのに手当や保護が受けられるのはおかしい」などと副所長が言い放つなど、セクハラ、パワハラ、マタハラが蔓延していました。
 2016年10月上旬、上司である副所長に妊娠したことを報告すると「子育てしながら中で働くという形態はうちではなじまない。他にもっといい職場があるのでは。大企業くらいにしか余裕はない。」などと言い、従業員に対し退職勧奨を行いました。その際「おめでとう」の言葉のひとつもなかったと言います。翌日には、妊娠を報告した従業員を個別に呼び出し「私も20歳の頃妊娠したけれど、仕事が大事だから堕ろしましたよ。」と述べ、暗に申立人に対し中絶を促すような発言を行いました。
 また10月下旬、所長に妊娠の報告を行った際には、「何考えているんだこのバカ」、「入って一年も経っていないのに!」と述べ罵倒されました。その際、従業員はあまりの剣幕に「妊娠して申し訳ありません」としか述べることができなかったそうです。
 その後も副所長に「あなたは、これから産休でいなくなるのだからせめてその前は、若手で交代に土曜日出勤していたシフトを全部あなたが出るべき。」と妊娠中であるにも関わらず10月及び11月、毎週6日出勤を強いられるなど、嫌がらせは止むことはありませんでした。日々「勝手に妊娠をした悪者」というレッテルを貼られ、あまりに苛烈なマタハラの中、これまでに経験したことのないめまいと頭痛のような症状、腹部の張りといった症状が生じるなど、従業員は徐々に心身の健康を蝕まれていきました。

 妊娠30週目、胎児の生命の危険があることが発覚し、緊急入院。帝王切開で出産するに至りました。子どもは、仮死状態で生まれ、全身に点滴や輸血チューブ等がつながれ、顔も見られない状態で生まれてきました。


 そういった状況の中、従業員が育児への労働時間の配慮を申し出ると、「上司の命令に従わなかった」としてあまりに不当な「けん責処分」を下してきたのです。


 本件に対し2019年10月3日に東京地方裁判所労働審判を申立て、今まさに司法の判断が示されようとしています(代理人は、新村響子弁護士、伊藤安奈弁護士。ともに旬報法律事務所)。

 現代の育児環境を全く理解しようともせず、マタハラを際限なく繰り返す経営戦略研究所に皆様のご指導をよろしくお願いいたします。

【ご意見・抗議先】

経営戦略研究所 所長 髙畑省一郎
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-9
TEL: 03-3666-2656  FAX: 03-3666-3254

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合 プレカリアートユニオン
〒151-0053東京都渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
TEL03-6276-1024  FAX03-5371-5172
info@precariat-union.or.jp ※会社のPCからは相談メールを送らないでください
ウェブサイトhttp://www.precariat-union.or.jp/
ブログhttps://precariatunion.hateblo.jp/

f:id:kumonoami:20191004135134j:plain

苛烈なマタハラを開き直る経営戦略研究所

f:id:kumonoami:20191004135119j:plain

2019年10月3日に東京地方裁判所労働審判を申立てました(代理人は、新村響子弁護士、伊藤安奈弁護士。ともに旬報法律事務所)

f:id:kumonoami:20191004141704j:plain

経営戦略研究所は安産祈願で有名な水天宮のすぐ近くにあります

テイケイほかブラック企業と闘争中!上半期も続々解決。プレカリアートユニオン2019年夏 - YouTube