プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

(株)グリーンライン関東(中谷雅史代表取締役)は団体交渉に誠実に応じろ!未払い残業代を払え!「洗車代」を返せ!

団体交渉拒否して逃げ出した(株)グリーンライン関東(中谷雅史代表取締役)は団体交渉に誠実に応じろ!未払い残業代を払え!「洗車代」を返せ!

■残業代不払い
2014年11月、Aさんは、グリーンライン関東に正社員として入社し、13トン車の運転に従事し、主に食品、書籍などの運搬を行っていました。労働時間は、11時から翌々日の11時などで、1日36時間程度。休憩が取得できるのは、1日4~5時間程度で高速道路のパーキングに駐車できたときだけでした。路上駐車をしているときは、車両から離れることはできませんでした。長時間過重労働でしたが時間外賃金、時間外割増賃金、深夜割増賃金、休日割増賃金は支払われていない上、Aさんの同意なく賃金から「洗車代」などの名目で違法な控除が行われていました。

■労災かくしと出勤の強制
Aさんは、2019年12月20日午前6時頃、兵庫県姫路市内の株式会社ヤマノの構内で、パレットごと下に下ろした1個20キログラムの砂糖の入った袋を持ち上げて形を整えている最中に、左足ふくらはぎに激痛が走り、歩行が困難になりました。1個20キログラムの袋を(400個中)80個移動させたところでした。この労災事故について、グリーンライン関東は、労災として対応せず、2020年3月になってようやく、「手続き中である」と回答しました。Aさんが、負傷した後、2019年12月22日、23日は休んだものの、グリーンライン関東が同年12月25日に強制的に出勤させ12月27日まで就労させました。足の痛みが悪化し、Aさんは12月28日以降、休業を余儀なくされています。

■団体交渉拒否(不当労働行為)
Aさんはプレカリアートユニオンに加入して、2020年3月にグリーンライン関東に団体交渉を申し入れましたが、同社はなかなか団体交渉に応じません。ようやく申し入れから3ヶ月以上たって、2020年6月17日に団体交渉が開催されることになりましたが、開始から数分で、団体交渉を拒否して逃げ出してしまったのです。このグリーンライン労働組合法違反の不当労働行為については、東京都労働委員会に不当労働行為の救済申立をするに至りました。

グリーンライン関東のようなブラック企業をそのままのかたちで放置するということは、私たちが働き、暮らすこの社会に公害をまき散らすのと同じことです。数々の労働法違反、さらに団体交渉拒否という労働組合法違反(不当労働行為)を許してしまえば、従業員を大切にしながら法律を守って会社経営を行う会社の足を引っ張ることにもなってしまいます。関係者の皆様、周辺の皆様、株式会社グリーンライン関東の中谷雅史代表取締役に、コンプライアンスを遵守し、未払い賃金を払って、労働組合との団体交渉に速やかに誠実に応じるよう、ご指導くださるよう、お願いいたします。

※株式会社グリーンライン関東(1981年12月設立)は、グリーン物流株式会社のグループ会社で、2000年3月に埼玉県志木市に株式会社グリーンライン・シガ関東営業所認可を取得し、同年5月に株式会社グリーンライン・シガを関東へ営業拠点を移行するため、社名を(株)グリーンライン関東に変更した運送会社です。

ご意見は 株式会社グリーンライン関東 中谷雅史代表取締役
〒354-0022埼玉県富士見市山室1丁目1287番1号
TEL049-268-6111 FAX049-253-3411

労働相談は 誰でも1人から加入できる労働組合 プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5Fユニオン運動センター内
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971