プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

伊奈運輸(海老原則子代表取締役)は残業代を払え!(水戸地裁土浦支部で集団訴訟)団体交渉に応じろ! 月693時間労働もの長時間労働による死亡事故を食い止めよう

伊奈運輸(海老原則子代表取締役)は
残業代を払え!(水戸地裁土浦支部集団訴訟
団体交渉に応じろ! 月693時間労働もの
長時間労働による死亡事故を食い止めよう

茨城県つくばみらい市の有限会社伊奈運輸に対し、プレカリアートユニオン伊奈運輸支部の組合員たちが、2016年6月2日、水戸地方裁判所土浦支部に未払い残業代9267万円を請求して提訴した裁判も大詰めです(代理人は、旬報法律事務所の佐々木亮弁護士、並木陽介弁護士)。

有限会社伊奈運輸では、社員であるドライバーに月500時間を超える長時間過重労働、長いときには月693時間労働(!)を強いてきました。その上、残業代を支払わず、毎月の賃金からは、本来会社が負担すべきである車両事故の弁償金、高速道路利用料を違法に天引きしてきました。その結果、過酷な労務管理によって人命が失われるような事故を引き起こしています。

伊奈運輸で働くドライバーが、ブラックな労務管理を改め、法律を守って会社を運営するよう労働組合プレカリアートユニオンに加入して、交渉をすると、会社は、組合から脱退させようと働きかけるという不当労働行為を行いました(プレカリアートユニオンは、東京都労働委員会の不当労働行為救済申立を行い、救済命令が出される見込みです)。また、交渉に必要な資料の提供も行わず、未払い賃金の支払いに応じていません。会社側の不誠実な対応から、労使紛争を引き起こすに至っています。さらに伊奈運輸は、プレカリアートユニオンとの団体交渉そのものを拒否し、不当労働行為に不当労働行為を重ねています。

伊奈運輸のようなブラック企業を温存させることは、労働法を守って会社経営をする真面目な経営者の足を引っ張ることになり、この社会に公害を垂れ流すのと同じ意味を持ちます。時間に対応して適正に残業代を支払わず無茶な運行を強いることで、道路上の安全が損なわれることになりかねません。無茶な労務管理が、お客様の大事な貨物を輸送する質に影響を与えることにもなります。ぜひ、伊奈運輸にコンプライアンスに関するご指導をしていただき、労使紛争を早期に解決するようご指導、ご協力をお願いいたします。

【ご意見は】有限会社伊奈運輸 代表取締役 海老原則子
〒300-2333 茨城県つくばみらい市下平柳567-3
電話0297-58-7712 FAX0297-58-9378

【問い合わせ・労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
ユニオン運動センター内
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/

f:id:kumonoami:20200124120744j:plain

youtu.be