プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

受動喫煙対策を怠り続けたITコンサルの百様(株)。中小企業も労働法を守って受動喫煙対策をしろ!

受動喫煙対策を怠り続けたITコンサルの百様(株)。中小企業も労働法を守って受動喫煙対策をしろ!

 近年、健康増進法の改正、東京都受動喫煙防止条例の制定、労働安全衛生法の改正など、受動喫煙防止のための法改正が相次ぎました。長年「受忍限度」なる非科学的な法理によって苦しめられてきた受動喫煙被害者にとってまさに朗報といえるでしょう。
 受動喫煙によって肺がん、気管支炎、ぜんそくなどの呼吸器疾患が引き起こされることは想像に難くないですが、実際はそれのみに留まらず、乳がん脳卒中心筋梗塞化学物質過敏症乳幼児突然死症候群など様々な種類の重大な健康被害を引き起こすことが明らかになっています。受動喫煙による死者数は年間15000人以上と見積もられており、交通事故死の4倍以上にものぼります。受動喫煙対策が国を挙げて行われるのは、単にたばこの煙が臭くて不快だからではないのです。
 また、画期的なことに、これらの諸法令は喫煙者が喫煙をする自由を一切阻害していません。言い換えれば、他人に危害を加えない場所や方法さえ選べば吸い放題です。喫煙そのものの良し悪しは別として、現行法は吸う人と吸いたくない人がどちらも尊重され、共存できる社会を目指しているようです。これら諸法令は、議員や官僚、たばこ産業関係者、善良な喫煙者、嫌煙者など、多くの人たちの意見を尊重して完成した、みんなの想いの結晶です。

受動喫煙症を患うAさんに受動喫煙強いる
 そんな現行法を平気で踏みにじる、紫煙にまみれた企業があります。百様(ひゃくよう)株式会社はその一つで、資本金900万円、従業員ひとケタの小規模でありながら時代の最先端のデジタルマーケティングを支援するITコンサルタントです。本社を東京都港区に構え、順調に業績を伸ばしていました。しかし、本社オフィス内には、2019年当時、壁などで一切区切られていない喫煙スペースが執務室に隣接されており、本社で働く従業員は日常的に受動喫煙を余儀なくされていました。
 この会社で働いていたAさんは「受動喫煙症」を患っており、健康上の理由から受動喫煙を徹底的に避けて生活しています。Aさんは、以前はクライアント企業に常駐していましたが、2019年7月1日から本社ビルに配属されました。Aさんはここで受動喫煙に耐えながら勤務を続けることに身の危険を感じ、2019年7月5日、9日と、2回に渡り会社に対して早急な対策を求めました。しかし、いずれも納得できる返答はなかったため、9日夜に具体的な受動喫煙対策を3つ例示し、実行するよう求めました。翌10日の出社時間までに回答はなく、Aさんは会社に出勤することが困難となりました。
 その後、Aさんは進展確認のため繰り返し会社に問い合わせたものの、文面では対応している、準備していると答えながら、具体的にどんな対応を講じているのか尋ねても何ら示さないという、極めて不誠実な対応を繰り返しました。不審に思ったAさんは途中から弁護士を介して書面で会社に連絡をしており、それに呼応して会社も弁護士を介して書面で返信するやり取りとなりましたが、なお会社は不誠実な対応を繰り返しました。

受動喫煙対策不備のままAさんを解雇
 そうしているうちに時間が経過し、会社は就業規則に従って、休業開始から半年が経過した2020年1月17日をもってAさんを退職扱いとしました。Aさんはここで個人での対応を諦め、当労働組合プレカリアートユニオンに加入しました。
 その後のコロナ禍での停滞を経てようやく1回目の団体交渉(当組合と会社との話し合い)を2020年6月8日に設定しましたが、会社はなんと当日になって一方的に延期を決定しました。その理由も当組合としては到底納得できるものではありませんでした。これ以上繰り返されるようだと、話し合いによる解決は困難と判断せざるを得ません。
 今後、当組合はそもそもの発端である会社側の受動喫煙対策の不備はもちろん、その後のAさんへの対応の不備、Aさんを退職扱いとすることの正当性について、厳しく追及する方針です。その一方で、会社側の弁明にも真剣に耳を傾ける準備があります。会社は、本気で解決を目指していくつもりがあるのなら、今回の延期のような一方的な先延ばしはせず、話し合いの場に出席するべきです。
 会社と代理人弁護士は、これまでの不誠実な対応をあらため、こちらの質問に正確に回答し、話し合いの場に出席し、解決策を模索してくださることを期待します。

【ご意見・抗議先】
百様株式会社 代表取締役 高橋恭一郎
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-3 ルネパルティーレ汐留1103号

【問い合わせ・労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
ユニオン運動センター内
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/

f:id:kumonoami:20200709210949j:plain

youtu.be