プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

【当事者の手記】東映アニメの就労環境を知ってください。アニメーターを差別しおだてて仕事をさせる東アニ、「騙して使え」に異を唱えたら演出から外され、LGBT当事者の役員を差別して団交拒否

 東映アニメーションで働いている私が、会社から演出の仕事を外されたのは、もう2年も前になってしまいました。セルアニメーションでは紙の上に手書きでキャラクターの演技や、カメラのアングルなどを描いて1秒間に24枚の絵を1枚ずつ決定していきます。
 私の出したカメラアングルの指示について、絵を描いた年配の作画監督から突然叱責を受けたことがきっかけとなり、あっという間に職場から居場所を失ってしまったのです。
■差別しながらおだてて仕事をさせることに疑問
 そのスタッフは業務委託契約、いわゆるフリーランスのスタッフでした。しかし、彼は東映アニメーション100%出資の子会社に入社し、東映の作品だけをずっと何十年間も担当し続けてきたにもかかわらず、東映と直接契約を結んでいないのです。会社はその作画監督フリーランスであることをよいことに、1カットにつき安い出来高の仕事を大量にこなすことを求め、彼は丁寧な仕事などできない立場で生活のためにたくさんの仕事をさせられてきたのです。彼のご機嫌をとり、とにかく数をこなしてもらうことで、安く大量に仕事を回していくのが会社の思惑です。
 アニメーターは手と目で描く、体が資本の仕事です。私を叱責した作画監督は白髪になり、腰が曲がりはじめ、早くたくさんの仕事をこなすのが厳しくなってきているのです。一方で、社内には新卒で採用され、同じようにアニメーターとして働き、直用契約社員として、保険や年金、賞与、定期昇給も得ている、出来高ではないアニメーターのスタッフもいます。
 このような同一労働同一賃金に反する待遇差別は何十年も続いており、同じ人間なのに働き方に大きな違いを作りました。差別を容認し、業務委託のスタッフはおだてて仕事をさせるのが社内の不文律でありタブーです。仕事から外された私に対して、上司は個別面談で「騙して使え」や「働きバチが必要」などの発言をしていました。恐らく私がその指導に異を唱えた瞬間から、プレカリアートユニオンの一員になることが決まったのだと思います。
■懐柔されたこれまでの労働組合
 その後1年半かけて社内労組や社内ホットライン、他のユニオンなどを通して会社と話し合いを試みましたが、会社は当該である私と話をする前に次々と交渉相手を懐柔し、私に一方的な落ち度があるとして、話し合いを実質拒否し続けてきました。私は契約社員ですが、正社員の決定したことに対して異議を唱えるものは社内で爪弾きにあい、自分から退職願を書かざるを得ない状態になるのです。契約社員と正社員の間にもこの会社には大きな壁があるようです。
■会社と正面から向き合ってくれたPUと
 そんななか唯一プレカリアートユニオンだけが会社に懐柔されず、この問題に正面から向き合い、初めから私を交渉の場に出席させ共に闘ってくださいました。会社の交渉態度は、こちらの要求と論点の違う主張を繰り返し、我々の求めに耳を傾けようとしません。9月からは都労委に救済を申し立てるのと並行して、争議活動が始まりました。
■LGBTの交渉担当者を差別し団交拒否
 争議後の会社の対応は信じられないものでした。誠実で優しい私たちの交渉担当役員の1人でLGBT・セクシュアルマイノリティ当事者が使用している通称を、偽名であるとし、名前が本名ではないのは言語道断だと攻撃して、団体交渉を拒否しています。
 東京都労働委員会の不当労働行為救済申立の調査の当日には、私が前に所属していたユニオンに相談に行くため外出していたとを咎めて私を懲戒してきたのです。外出時間分の過払金請求まで受け、組合活動をしているのに、私の利益は担保されるどころかどんどん不利益が増していく状態なのです。演出の仕事がさらに遠のくのが心配ですが、役員の皆さんや争議団の皆さんに励まされ、街宣やポスティングを行っています。Change.orgでは東映アニメーションが団体交渉を誠実に行うよう、署名活動が始まりました。
 私は自分の役職復帰だけを求めるのではなく、契約の違いによる格差是正も求め、同じ人間として差別のない融和的な職場環境の整備を大きな目標に掲げて、会社と交渉を続けていくつもりです。皆さん、どうかお力添えいただきますよう何卒お願い申し上げます。
 A(組合員)

チェンジ・ドット・オルグのインターネット署名(簡単にできます!)にご協力ください。

chng.it

【ご意見・抗議は】株式会社東映アニメーション 髙木勝裕代表取締役
〒164-0001東京都中野区中野4丁目10番1号中野セントラルパーク イースト5階
TEL03-5318-0678 FAX03-5318-0647

【労働相談は】
プレカリアートユニオン
〒160-0004東京都新宿区四谷4-28-14パレ・ウルー5F
TEL03-6273-0699 FAX03-4335-0971
メール info@precariat-union.or.jp
ウェブサイト https://www.precariat-union.or.jp/
ブログ https://precariatunion.hateblo.jp/
ツイッター https://twitter.com/precariatunion

f:id:kumonoami:20201204125029j:plain