プレカリアートユニオンブログ

労働組合プレカリアートユニオンのブログ。解決報告や案件の紹介など。

ビルメンテナンス会社で増員、安全帯支給、休憩取得など合意。36協定の労働者代表にも選出されました

皆様お疲れ様です。
ビルメンテナンス 会社に勤務する H です。
プレカリアートユニオンには 加入して約1年になります。

その間……

待機状態であった仮眠時間の賃金未払い、制服への着替え時間の賃金未払い、加入前に会社に上記の問題提起してから賃金が三割減る異動を命じられておりましたが、復職と未払い賃金の支払いを解決していただきました。

復職後に、昇給、昇格、賞与に関わる人事考課が適正なものではなかった年があることを知りました。
普段から現場で接するリーダー1次考課者の評価に対し、普段接することの無い二次考課者である部長に評価を下げられ、出来ることを出来ないと評価された評価シートを目にしました。

それについて、総務部長ヘ評価の説明を求めましたが「あとで説明します。」と返事があってから3ヶ月放置されました。

再びプレカリアートユニオンヘ相談に伺い、清水執行委員長と上記の相談をし、私自身のみならず、プレカリアートユニオンヘ加盟していない同僚たちのことも親身に考えてくださり、会社への団体交渉に臨んでいただきました。

・休憩時間も携帯電話を常に持ち、出動要請があると現場へ向かわねばならない待機状態解消について、休憩が適正にとれるようにする。

・一人待機のデポを休憩がとれるように人員配置を求める。

ブラックボックスである昇格昇給の賃金テーブルの開示を求める。

・同じくブラックボックスである二次考課者の評価についても、面談にてフィードバックを求める。

・高所作業のための安全帯の支給を求める。

・36協定の写しの開示を求める。

以上について、会社側から全て改善を図ると、団体交渉時の口頭と後日、書面で回答を得られました。

現在、清水執行委員長のご提案から36協定締結の際の労働者代表に選出されました。
団体交渉での約束も少しずつ改善に向ってきておりますし、問題解決まであと少しであると感じています。
動向を随時ご報告いたします。

また今回も、プレカリアートユニオン、清水執行委員長に感謝申し上げます。
まだまだ労働問題はありますので、またお力をお貸しいただきたいです。

新型コロナウィルスの影響が様々な業界でも出てきていると思います。
収束まで、収束後からと心身大変であると思いますが、プレカリアートユニオン組合員の皆様もご自愛ください。

youtu.be

【労働相談は】
誰でも1人から加入できる労働組合
プレカリアートユニオン
〒151-0053東京都渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
TEL03-6276-1024 FAX03-4335-0971
info@precariat-union.or.jp
ウェブサイトhttp://www.precariat-union.or.jp
ブログhttps://precariatunion.hateblo.jp/